デビッド・クルサード:インタビュー
26日にトロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルがマシンに乗っていました。なにが起きたんですか?
マシンの感触はとてもよかったけど、初日のコンディションは理想的ではなかったんだ。十分なフォームアップをしなかったので、神経痛になってしまい、物理医療士に治療してもらったんだ。それで、セバスチャン・ベッテルを私のマシンに乗せるよう提案したんだ。セバスチャン・ブエミ(レッドブルのテスト兼リザーブドライバー)はF1の経験がなく、メルボツンへも秒読み段階だったので、マシンに経験のあるドライバーを乗せた方が有益だと思ったんだ。セバスチャン・ブルデーが1台のトロ・ロッソを運転していたので、持っているリソースをうまく使ったんだ。

チームメイトのマーク・ウェバーは、RB4にかなり興奮しています。あなたはレッドブルの2008年マシンを評価しますか?
去年よりも良い冬を過ごしており、準備はかなり進んでいる。私の今年のベンチマークはとてもはっきりしている。レースは優勝者と最下位がいて、勝ったなければ満足できない。それ以外はチームの発展の行程だ。毎年チームが前進し、多くのポイントを獲得するために最も速いチームとのギャップを埋めている限り、進歩していると感じるだろう。我々が言っているように、テストはポイントもなければ、具体的な結果もない。だから、メルボルンまで待った方がいいね。レース後の日曜の夜なら、好調であるか「うげっ」とか話せるよ。

昨シーズン、チームは14回リタイアしており、信頼性が大きな問題でした。冬の間、マシンは一貫性に関して大きく飛躍していると思われます。どうですか?
そうだ。我々は大きく前進した。デザインプロセスや製造部門といったファクトリーで改善された変化が結果を見せはじめている。昨年、我々は本当に多くのポイントを失った。それが再び起こることはないだろう。

RB4とRB3の最も興味深い違いはなんだと思いますか?
見た目はかなり違うし、中身も同じようにかなり違っているよ。でも、F1においてユニークな部分はない。いずれにしろ、ピットレーンにある他のマシンと同じだよ。でも、エイドリアンの特別なタッチが加わっているんだ。

RB4の弱点があるとすればなんですか?
まだ、最速タイムを出していないから、そこが弱点かな。どのように最速タイムを達成するかって?それはたくさんの要素が組み合わせによる。一般的にはF1マシンでは空力が最も大きな要素だと考えられているので、トラックでさらに改善するために、この部分を慎重に見なければならない。

最近あなたは、全チームが風洞を持っていて才能あるスタッフが熱心に働いているのに、なぜいくつかチームだけがアドバンテージがあるのかということについて語っていました。速いマシンの公式は何だと思いますか?
数年間にわたる一貫性と勝利の文化だと思う。我々は最初は400人だったが今では600人になった。みんなが協力して作業し、お互いを理解するには時間がかかる。うまく動くようになるには時間がかかるんだ。

誰もが、グリッドの最初の4枠はおなじみの顔ぶれが占めるだろうと意見で一致しているようです。フェラーリとマクラーレンのうしろの状況はどうなると思いますか?レッドブルはどこに入ると考えていますか?
今はなにも同意できないよ。私の予想では、ウィリアムズとルノー、そしてトヨタがとても接近すると思う。今のところ、BMWザウバーが前にくるかどうかはわからない。しかし、フェラーリとマクラーレンにアドバンテージがあるという話であれば、今話したグループが5〜10番を争うことになる。どうなるかはメルボルンの予選を待たなくてはならないね。「さあオズ(Oz)に行こう」と言いたいね。

あなたは、F1レーシングで15年目のシーズンを迎えようとしています。あらゆるものを見てきた思いますが、これまでと同じようにF1が好きですか?
まさにその通りだ!まだレーシングを愛しているし、F1に長年いてもこれは変わらないし、これからも変わらないだろう。

あなたの目標は、何年もの間に変わってきたことでしょう。以前はもちろんチャンピオンシップ優勝だったわけですが、今の目標はレッドブルを成功させることではありませんか?チームのドライバーでありコンサルタントですか?
もちろん、今年はチャンピオンシップで勝てるマシンではない。レッドブル・レーシングに移籍したとき、リソースはあったので、ドライバーとして、あるいは僕の経験のほかの部分で、チームが発展する手助けができると思った。最終的に、先頭でレースをしようが、中段でレースをしようが、レースに変わりはないんだ。

今回のテストが終わると、次回マシンに乗るのはメルボルンですね。オーストラリアではRB4が本当の実力を見せると思います。レースをどうように予想しますか?
予選でトップ10に入って、ポイントを獲得できれば、非常にいいシーズンのスタートになるだろう。もちろんもっと多くの結果を求めたいが、現実的になろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / デビッド・クルサード / レッドブル