シャルル・ルクレール マカオグランプリ
シャルル・ルクレールが、今年11月にマカオGPに再挑戦する可能性が報じられている。

フェラーリの育成ドライバーで、現在、F2選手権で圧倒的な強さで首位に立っているシャルル・ルクレール。マカオGPには2015年に一度参戦しており、2位でフィニッシュしている。

シャルル・ルクレールは、現在F2選手権で所属するプレマ・レーシングの姉妹チームであるプレマパワーからマカオGPに参戦する可能性があるという。

これにはプレマを支援するセオドール・レーシングの意向が働いているようだ。セオドール・レーシングは、マカオGPをプログラムの中心に据えており、チーム代表のテディ・イップJr.の父親は、マカオグランプリの顔的存在でもある。

だが、シャルル・ルクレールのマカオGP参戦は、1週間後に開催されるF2の最終戦アブダビまでにタイトルを獲得できているかに依存するだろう。

2016年にはアントニオ・ジョヴィナッツィも似たような計画があったが、GP2のタイトル争いを繰り広げていたため、実現はしなかった。

また、シャルル・ルクレールの参戦は、ヨーロッパF3選手権にプレマから参戦する4名のドライバーにも左右される。現在、マキシミリアン・ギュンター、カラム・アイロット、周冠宇、ミック・シューマッハが所属している。

プレマのチーム代表レネ・ロジンは「現時点でマカオはまだ目標に達していない」と Autosport にコメント。

「FIAから最初のインフォーメーションを受け取らなければならない。それを得られれば、何台で参戦するかを決定できるだろう」

「4台持ち込むことは可能だと思うし、レギュラードライバーを連れていくことも理にかなっているだろう。ドライバーについてはまだ決定していない」

「全てのチームがシャルルをラインアップに加えたいと思う。だが、もちろん、彼のメインのゴールはF2で勝つことだし、それが彼がやっていることだ」

シャルル・ルクレールは「マカオでレースをしたいけど、もう少し僕のプログラムを確認してみる必要がある」と語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ルクレール | マカオGP