フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「シーズン中盤にスランプの原因は無視できない」
シャルル・ルクレールは、フェラーリが2023年F1シーズンに改善したいのであれば、シーズン中盤のスタンプに陥った原因を無視することはできないと語った。

2022年F1シーズンに、シャルル・ルクレールは最初の3つのグランプリで2勝を挙げ、フェラーリの力強いスタートを最大限に活用した。

しかし、復活したレッドブルと、フェラーリ自身の信頼性と戦略の闘い、そして、ドライバーのミスが相まって、フェラーリのタイトルへの希望を狂わせる結果となった。

火曜日にフェラーリがF1チーム代表のマッティア・ビノットが2022年末で辞任すると発表した後、これらすべてがさらに脚光を浴びるようになった。

シャルル・ルクレールは、ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンにランキング2でフィニッシュしたシーズンを振り返り、フェラーリが車のペースで良い進歩を遂げた事実から心強かったが、シーズン中盤に直面した問題を詳しく調べる必要があることがさらに重要だと語る。

F1チーム代表のマッティア・ビノットの辞任のニュースが出る前に、シャルル・ルクレールは「一歩退いて、昨年僕たちがどれだけ遅れをとっていたかを考えると驚くべき前進だと思う」と語った.

「しかし、もちろん、非常に苛立たしいシーズンの中盤を無視することはできない」

「かなりのポイントでチャンピオンシップをリードしていたところから、かなりのポイントで遅れをとることになった。それはシーズンのイライラする部分だった」

「全体として、今年犯したすべてのミスを理解し、来年に向けて改善を試みる必要がある」

「ここ数レースでの戦略と最近の意思決定の方法に関して、僕たちは本当に前進を遂げたと思う」

「残念ながら、シーズン序盤ほどペースが良くなかったことで、それを示すのは少し難しかった。でも、ペースに関しては、来年はレッドブルに追いつくことができると確信している」

シャルル・ルクレールは、フェラーリがチャンピオンシップを争うために必要な進歩を遂げるには、来年に向けて注力する必要がある3つの重要な領域があると考えている。信頼性、戦略、そして、タイヤマネジメントをより良く理解だ。

「それらをランク付けするのは難しいけど、シーズンのある時点で信頼性に問題があり、後にペナルティなどで代償を払った」とシャルル・ルクレールは語った。

「戦略については、シーズンのある時点であまりにも多くのミスを犯してしまったと思うし、タイヤマネジメントについても、100%で十分な一貫性を保てていなかった」

「アブダビは良いレースだったけど、時には非常に悪いレースもあり、常に良いタイヤマネジメントを行う方法をまだ理解していないように思う」

「これらは、現時点で僕たちが注力している 3 つの重要な側面だ」

「さっきも言ったけど、ここ数戦で戦略が確実に前進したと感じた。今年の初めのようなペースはないけど、コミュニケーションや意思決定の方法は改善されているので、それを示すのは難しい」

「もちろん、いくつかのミスはあったけど、レース当日により良い決断を下したと思う。忘れることのできないタイヤ、戦略、そして、明らかに信頼性は、僕たちが焦点を当てている3つのことだ」

また、シャルル・ルクレールは、今シーズンの勝利を犠牲にした個人的なミスについて、彼には責任がないことを明らかにした。

「どちらかといえば、フランスなど、プッシュを減らすことができたかもしれない」とシャルル・ルクレールは語った。

「でも、最初の数年間は、弱点だとわかっていたので、特に注力していた分野が常にあったと思う」

「今思うと、僕がF1に参加してからかなりの年月が経ったが、詳細を把握して、できるだけ頻繁に100%でいることが重要だ」

「来年はここに集中して、自分の 100% を目指す。そして、自分が 100% の状態にあるときはいつでも、自分は本当に優れていると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ