ジャン・トッド 「シャルル・ルクレールには何かが欠けている」/ F1
元FIA会長のジャン・トッドは、シャルル・ルクレールは「偉大なチャンピオン」だが、フェラーリのドライバーには「何かが欠けている」と語る。

2022年シーズンの序盤、シャルル・ルクレールは序盤の3戦のうち2戦で優勝し、タイトル争いに繰り広げているように見えた。

しかし、それ以来、シャルル・ルクレールは1勝利しか収められておらず、現在、レッドブルのマックス フェルスタッペンが 116 ポイントの大きなリードを築いている。

今年のいくつかのレースでフェラーリは信頼性に懸念を抱いていたが、シャルル・ルクレールもミスを犯しており、特にフランスでは自らのミスにより首位からリタイアした。

同時にフェラーリは今年、多くの疑わしい戦略を実行しており、現在、メルセデスを抑えてコンストラクターズランキングで2位を維持しようとしている。

シャン・トッドは「シャルルはすでに偉大なチャンピオンだ。彼はまだ何かが欠けている。それをすぐに手に入れることを期待している」とGazzetta dello Sportに語った。

FIA会長に就任する前、フェラーリF1のチーム代表を務めていたジャン・トッドは、2022年のキャンペーンを悩ませてきた過ちから学ぶよう、チームに呼びかけた。

「フェラーリは、ある時点でチャンピオンシップで最高のクルマを持っていた」とジャン・トッドは語った。

「その後、彼らは特定のチャンスを逃した。戦略、間違ったタイミングで入ったセーフティカー、信頼性の問題について私は考えている」

「さまざまなエピソードが犠牲を払った。再発しないように反省しなければならない」

「何事も偶然に任せてはならない。そして、当たり前のことを何も残さなければ、チャンピオンになるためのすべての要素はそろっている」

フェラーリは、コンストラクターズチャンピオンを獲得した2008年以降、タイトルから遠ざかっている。チームの最後のドライバーズチャンピオンは、チームでの初年度である2007年にタイトルを獲得したキミ・ライコネンのままとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ