シャルル・ルクレール 2位表彰台 「ティフォシのために勝ちたかった」 / スクーデリア・フェラーリ F1イタリアGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1イタリアGPの決勝で2位表彰台を獲得。だが、ティフォシの前で勝利を挙げられなかったことに失望を表明した。

「モンツァはいつも素晴らしい。ポールスタートなので勝ちたかった。でも、今日はそうはいかなかった。表彰台の下でにいる僕たちのティフォシを見て、強くそう思った」とシャルル・ルクレールはコメント。

「ペースは良かったし、このトラックに対する期待はそれほど高くなかったことを覚えておく必要がある。 ポールポジションを獲得するために、プラクティスセッション全体を通して多くのことを行ったけど、これは嬉しいサプライズだった。」

「僕たちはいくつかの前向きな進歩を遂げており、今週末はより競争力があったので、シンガポールで再びレースをすることを楽しみにしている」

ポールポジションからF1イタリアGPをスタートしたシャルル・ルクレールは、序盤のステージをリード。バーチャルセーフティカー(VSC)にピットインした最初のフロンロランナーであり、ピットレースに駆け込んだときにVSCは終了した。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は1ストップ戦略を選択したが、この時点でシャルル・ルクレールは2ストップ戦略にコミットした。

2019年の記憶に残る勝利を再現できなかったシャルル・ルクレールは「全体的に今日のペースは悪くなかったと思う。バーチャルセーフティカーがピットストップの途中で終わってしまったのはかなり不運だった」とコメント。

「バーチャルセーフティカーでストップするメリットがあるなら、スティントが長くなることでミディアムで自分たちの厳しい立場におくことも苦じゃなかったけど、ストップするメリットをフルには得られなかったし、そこからはミディアムをできるだけ長く持たせる必要があった」

マックス・フェルスタッペンはこれで5連勝であり、今季11勝目を挙げた。現在、フェルスタッペンはシャルル・ルクレールをドライバーズランキングで116ポイント上回っている。

シャルル・ルクレールのタイトル獲得の可能性は現在わずかに見えるが、残り6戦で登場するトラックのいくつかで少なくともマックス・フェルスタッペンの連勝を止める機会が訪れることを望んでいる。

2022年に勝利の道に戻り、シーズン序盤に挙げた3勝に追加できると思うかと質問されたシャルル・ルクレールは「イエス。そう思っている。僕たちはそのために仕事をしている」とコメント。

「僕たちはスパからモンツァまで素晴らしい反応を示してきた。それらは僕たちのレースカーにとって適したトラックではないことを心に留めておく必要がある」

「それでも良いペースを見せているので、他のレースでも勝てると確信している」

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ F1 イタリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1イタリアGP