元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴ「ルクレールはタイトルに勝てない最たる例」
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは、シャルルルクレールがはF1タイトルチャレンジがどのように消えていくかを示す最たる例を示していると語る。

シャルル・ルクレールは、F1フランスGPを勝利に向けて快適にリードしているレース序盤に単独クラッシュを喫し、マックス・フェルスタッペンに勝利への道を明け渡した。

その結果、残り10レースで、ランキング首位のフェルスタッペンはシャルル・ルクレールとの差を63ポイントに拡大した。

ジャック・ヴィルヌーヴは、マックス・フェルスタッペンは、この種のミスを犯していないと指摘。シャルル・ルクレールは、シーズン序盤のイモラでも、フェルスタッペンのチームメイトのセルジオ・ペレスを追いかけている際にスピンを喫している。

したがって、完全なペースでかなり互角であっても、2人のドライバーは、現在、順位が大きく離れている。ジャック・ヴィルヌーヴは、それはタイトルを獲得できない方法の代表的な例だと語る。

「レースは良かったが、もっと良かったかもしれない」とジャック・ヴィルヌーヴはFormule1.nlのコラムに書いた。

「猛暑の中、我々は素晴らしい戦いのためのすべての材料を手に入れていた」

「ルクレールとフェルスタッペンは同じペースだった。ルクレールだけが、彼が犯してはならないまた新たなミスを犯した。彼はそれを自分で認めている、彼はその意味でチャンピオンシップに値していない。私にも理由はわからない。オーストリアでは、彼はプレッシャーに完全に耐えていた」

「それがフェルスタッペンとの大きな違いだ。こういったことは彼には起らない。そして、彼がルクレールに敗れたとき、彼はしばしば2位で終えている。そうしていれば、大きなギャップはすぐには縮まらない」

「2台のほぼ同等の車のチャンピオンシップだが、1台が大きなリードを築いている。これはチャンピオンシップに勝てない最たる例だ」

ジャック・ヴィルヌーヴは、シャルル・ルクレールがポール・リカールだけがミスを犯したわけではないと説明。スクーデリア・フェラーリのガレージの反対側でもそれが起こっていると感じている。

アンセーフでないリリースでカルロス・サインツJr.に5秒のタイムペナルティが科された後、フェラーリは、セルジオ・ペレスをパスして3番手に浮上した直後に2ストップ戦略への遅い切り替えのためにサインツをピットに呼んだ。

ジャック・ヴィルヌーヴは、フェラーリの決定が間違ってはいないものの、カルロス・サインツJr.が失った順位を埋め合わせるためにはもっと早くそれをしなければならなかったと考えている。サインツは最終的にP5を終えている。

「サインツは運が悪かった」とジャック・ヴィルヌーヴは語る。

「最初は彼のストップでうまくいかなかった。その後、彼が受けたペナルティは取り戻せたはずだ」

「サインツはペレスに対して本当に素晴らしいムーブを見せたし、逃げるスピードがあるように思えた。その後、フェラーリのピットウォールや躊躇し、サインツのポイントを犠牲にした」

「彼は自分のチームを信頼していないように見えたが、無線通信のほんの一部しか聞くことができていないことを忘れてはならない。加えて、チームはデータを持っている。彼らはタイヤの状態を知っている。だが、ピットインさせるなら、もっと早くそうするべきだった。そうすれば彼にそれを補う時間を与えることができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / ジャック・ヴィルヌーヴ