フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「強い精神でカナダグランプリに臨む」
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、5レース前と同じように、来週末のカナダグランプリにチャンピオンシップリーダーの精神で取り組むと語る。

2022年F1シーズンの最初の3レースでの強力な快進撃により、シャルル・ルクレールをF1のドライバーズランキングのトップを独走していた。しかし、イモラからチャンピオンシップでマックス・フェルスタッペンを上回っていたルクレールの快適なリードは、炎に溶ける雪のように消えていった。

フェラーリの信頼性の問題によって引き起こされたスペインとバクーでの2回、モナコでのまとまりのない戦略は、レッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンに大きなポイントをもたらしすことになった。

マイアミ以来の予選で無敗のシャルル・ルクレールは、日曜日に力強い土曜日のフォームを利用することができなかった。そして、ルクレールへの懸念の原因でもある。

「3戦連続の失望であり、簡単ではない」とシャルル・ルクレールは語った。

「でも、全体としては、次のレースで、5レース前にチャンピオンシップをリードしていたときと同じくらい精神的に強いと自信を持っているし、まだモチベーションは失っていない」

「でも、僕たちはそれらを乗り越える必要がある。そして明らかに、最後の3レースの後、信頼性は調査する必要があるものだ。チームとして、僕たちはそこでステップを果たす必要がある」

フェラーリの最近の敗北とマックス・フェルスタッペンの勝利により、シャルル・ルクレールはトップから34ポイント差の3位に転落した。しかし、F1シーズンが中間地点までまだ3つのレースというこの段階で、タオルを投げるつもりはない。

「僕たちはまだチャンピオンシップに勝つことができると信じているけど、僕たちはそれらのことを解決する必要がある」とシャルル・ルクレールは語った。

「最後の数レースの後、僕たちはそこで失ったポイントが多すぎることを示したと思う。僕たちはそれを調査する必要がある」

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ