F1:シャルル・ルクレール、体調不良はビノット代表との激論が原因?
フェラーリF1のシャルル・ルクレールのF1イタリアGPの“体調不良”の背景には目と耳に入ってきた以上のエピソードがあるようだ。

シャルル・ルクレールは、金曜日のプラクティス中に無線でチームに「ボックスする必要がある。ここでは説明できない」と述べてピットイン。その後、一時的にメディカルセンターを訪れたが、すぐに退院し、最終的にF1イタリアGPの残りの週末を終えた。

だが、F1sport.itの報道によると、シャルル・ルクレールが単に“少し気分が悪い”と感じていたというフェラーリF1の説明には、より詳細な情報が必要だとし、ルクレールの体調不良の原因は、セッションの少し前にチーム代表のマッティア・ビノットと交わした「非常に難しい言葉」であったと主張している。

F1sport.itは、シャルル・ルクレールの有名なマネージャーであるニコラス・トッドでさえ介入しなければならなかったほどの激論だったとしている

噂によると、シャルル・ルクレールの吐き気と頭痛は「過去数時間に蓄積された緊張と怒り」が原因だったという。

その背景には、マッティア・ビノットが、カルロス・サインツのフィードバックの方が信頼できるとして、フェラーリがチームメイトの開発インプットにより焦点を合わせることをルクレールに知らせたことがあるという。

「フェラーリはユニークなものだ」とマッティア・ビノットは sports.ru に語った。

「理解しておくべき最も重要なことは、こここはユニークなファミリー、ユニークな現象だということだ。私はいつもみんなに言っている。勝利はフェラーリであることの結果であるため、勝つことよりもフェラーリであることが重要だとね」

「私はジルヴィルヌーヴの例を引用する。彼は実際にはほとんど勝てなかった素晴らしいドライバーだった。しかし、彼の態度、運転スタイル、情熱は大きな影響を与えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ