フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「サインツとはベッテルより緊密な関係を築いている」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、セバスチャン・ベッテルよりも新たなチームメイトであるカルロス・サインツとの方がより緊密な関係を築けていると語る。

昨年、フェラーリF1はセバスチャン・ベッテルの放出を決定。今年からカルロス・サインツがマクラーレンから加入し、4回のF1ワールドチャンピオンであるベッテルはミッドフィールドのアストンマーティンF1で厳しいスタートを切っている。

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは「ベッテルはマシンのフィーリングに関するあらゆる不満を止めなければならない」と Sport1 に語る。

「人生はいい事ばかりではない。『感触が良くない。マシンの操縦が違う』 誰も気にしない!」

「我々はF1について話している。彼はそれをすることでたくさんのお金を稼いでおり、彼は世界チャンピオンだ」

シャルル・ルクレールは、チームメイトがセバスチャン・ベッテルからカルロス・サインツに代わった今、幸せそうに聞こえる。

「彼はすでにいくつかのチームでやってきているし、ライバルたちがどのように取り組んでいるのかを知るのはいつだって興味深いことだ」とシャルル・ルクレールは La Repubblica に語った。

「すぐに彼のモチベーションの高さを感じた。彼がすぐにでも良い結果を出したいと思っていることが分かるし、それはチーム全体に伝染する。2人のドライバーが勝利に向けてプッシュすることはチームにとっていいことだと思う」

「彼とはベッテルのときよりも長い時間を一緒に過ごしている。以前は、僕とセブはすれ違うことが多かった。僕が到着すると彼が去ることがあったし、その逆もあった。でも、今はカルロスと同じ日にいることが多いし、結果として一緒にいる時間が長くなっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル / カルロス・サインツJr.