シャルル・ルクレール 「こんな後方にいるフェラーリを見るのは悲しい」 / F1ベルギーGP 金曜フリー走行
シャルル・ルクレールは、F1ベルギーGPの初日のパフォーマンスに落胆。“こんな遅いフェラーリを見るのは悲しい”ことだと客観的に語った。

昨年のF1ベルギーGPでシャルル・ルクレールはポールポジションを獲得し、F1初勝利を挙げた。しかし、今年のフリー走行でのタイムは昨年と比較して1.317秒も遅かった。

15番手のシャルル・ルクレールとトップのマックス・フェルスタッペンとの差は1.696秒。チームメイトでスパ・フランコルシャンで3勝を挙げているセバスチャン・ベッテルは万年最下位だったウィリアムズF1のジョージ・ラッセルにさえ上回られ、ニコラス・ラティフィをわずかに上回って17番手でセッションを終えた。

シャルル・ルクレールは、フェラーリの凋落ぶりを見るのは“悲しい”と認める。

「非常に困難な日だった」はシャルル・ルクレールは厳しい語る。

「特にFP2でここまで後方にいるのはおそらく驚きだと思う。FP2ではかなり多くのことを試した」

「初めはかなりアグレッシブなダウンフォースレベルを試していたけど、あまり機能しなかったのでもとに戻した。現時点ではペースが足りないし、追いつくために一生懸命取り組む必要がある。でも、今週末は奇跡は期待できない」

「フェラーリがここまで後方にいるのはいい気分ではないし、悲しいことだ。でも、いつものように、ドライバーとしての僕たちの仕事は最善を尽くすことだ。まさにそれが僕とセブがマシンでやろうとしていることだ」

フェラーリ F1ベルギーGP FP2 前年比関連:F1ベルギーGP フリー走行2回目:ホンダPUのフェルスタッペンが初日首位

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1ベルギーGP