シャルル・ルクレール 「2021年もベッテルが残留すればハッピー」 / フェラーリF1
シャルル・ルクレールは、フェラーリで2021年もセバスチャン・ベッテルがチームメイトを務めることになれば“間違いなくハッピー”だと語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルだが、フェラーリから2021年の1年の契約延長と大幅な給与カットという条件を断ったと噂されている。

だが、シャルル・ルクレールは「セブ(ベッテル)といることにとても満足している。コース上でいくつか問題があったとしてもね」とコメント。

「外部からはそうは見えなかったかもしれないけど、僕たちはうまくやっているし、ずっとそうだった」

セバスチャン・ベッテルがフェラーリを去った場合、カルロス・サインツ、ダニエル・リカルド、アントニオ・ジョビナッツィ、さらにはフェルナンド・アロンソを含むドライバーが後任候補として名前が挙げられている。

「将来のチームメイトについてはフェラーリの選択を尊重するし、隣にいる人に適応するのが僕の仕事だ。それにチームメートから常に学ぶことができるものだ」とシャルル・ルクレールは語る。

「誰であっても歓迎する。でも、セブが留まるならば、間違いなくハッピーだ」

シャルル・ルクレールは、バーチャルの世界で、すぐにでもセバスチャン・ベッテルとホイール・トゥ・ホイールのバトルがしたいとさえ語る。

「彼がシミュレーターをインストールを完了させたらメッセージを送るつもりだ。試してみる必要があるね。楽しいだろうね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ