シャルル・ルクレール 「ハミルトンがチームメイトでも問題はない」
ルイス・ハミルトンのフェラーリ移籍が噂される中、シャルル・ルクレールは将来的にフェラーリでハミルトンとチームメイトになることに問題ないと語る。

ルイス・ハミルトンはメルセデスで過去6年間に5回のドライバーズタイトルを獲得したが、契約は2020年末で期限を迎えることになっている。

F1アブダビGPの週末には、ルイス・ハミルトンがフェラーリのジョン・エルカン会長と今年2回の面談を行ったと報じられ、2021年にフェラーリへ移籍する可能性があるという報道に繋がった。ハミルトンは噂について明確なコメントを避けている。

フェラーリのチームメイトとしてルイス・ハミルトンを歓迎するかと質問されたシャルル・ルクレールは「もちろんだよ」とコメント。

「最終的に僕たちはF1にいるわけだし、最高のドライバーたちと戦いたいと思っている。

「今年、4回のF1ワールドチャンピオンであるセブ(ベッテル)が僕の隣にいたのは素晴らしい機会だったし、彼からたくさんのことを学んだ」

「チャンピオンからは常に学べるものだ。だから、もちろん歓迎だ」

メルセデスは、2020年シーズンが開始する前にルイス・ハミルトンと契約交渉を開始する予定であり、チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ハミルトンとの将来についてリラックスしていると語る。

トト・ヴォルグは、ルイス・ハミルトンがメルセデスに残留する可能性は“75%”だと評価し、「25%の可能性は制御できない」と述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / ルイス・ハミルトン