F1 シャルル・ルクレール、ビアンキとのフェラーリ初訪問を回顧
シャルル・ルクレールが、子供の頃に彼のゴッドファーザーであるジュール・ビアンキとともにフェラーリを初訪問したときを回顧した。

先週末、シャルル・ルクレールは、フェラーリの聖地モンツァで開催されたF1イタリアGPで熱狂的なティフォシの前で跳ね馬のドライバーとしては9年ぶりに勝利。フェラーリの新たなヒーローとして大歓迎を受けた。

レース後、フェラーリの最初の思い出について質問されたシャルル・ルクレールは、子供の頃にファクトリーに行ったときのエピソードを語った。

「ジュール・ビアンキと一緒に行ったんだ。彼はテレビの取材でそこに行かなければならなかった。彼は僕も一緒に連れて入ろうとしていたけど、彼らは僕をファクトリーに入れてくれなかったんdな」とシャルル・ルクレールはレース後の記者会見でコメント。

「今ではもう少し中に入るのが簡単になったけどね。いつかこのドアを通り抜けて、F1チームが、特にフェラーリがどのうな仕事をしている見てみたいと思ったのを覚えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / ジュール・ビアンキ