ロス・ブラウン、シャルル・ルクレールをミハエル・シューマッハに準える
ロス・ブラウンは、先週末のF1イタリアGPで9年ぶりにティフォシに勝利をもたらしたシャルル・ルクレールにフェラーリのレジェンドであるミハエル・シューマッハの後継者となるべき資質を見ている。

F1イタリアGPでのルイス・ハミルトンとのシャルル・ルクレールの強引なバトルには一部から批判の声も挙がっているが、かつてミハエル・シューマッハとともにフェラーリで黄金時代を築いたロス・ブラウンは、限界をプッシュすることが偉大なチャンピオンになるためには必要な要素だと語る。

「ルクレールはレースで降伏せず、偉大なチャンピオンが常にそうしなければならないようにルールの境界をプッシュしていた」とロス・ブラウンはイタリアGP後のレースレビューで述べた。

「実際、彼は予選中の奇妙な状況にも非常に抜け目なく対処していた。私が最も感銘を受けたのは、ルクレールが状況からいかに早く学んでいるかだ。彼はドライバーとして、そして人間としてどんどん良くなっている」

ロス・ブラウンは、シャルル・ルクレールの将来についてもヒントを与えた。

「スパとモンツァを連続で勝ち取った最後のフェラーリマンは、1996年のミハエル・シューマッハだった。歴史は繰り返され始めているかもしれない・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ