F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
フェラーリのシャルル・ルクレールが、2019年のF1世界選手権 第4戦 アゼルバイジャンGPへの意気込みとバクー市街地コースの印象を語った。

「アゼルバイジャンはシーズンでお気に入りのトラックのひとつだ。シンブルに好きなサーキットだし、いつもとても良いパフォーマンスを発揮してきた。F2では勝利と表彰台でフィニッシュしているし、F1でも初ポイントを獲得している」とシャルル・ルクレールはコメント。

「いつも運転するのを楽しんでいる。すべてのコーナーがタイトな城のパートは特にね。独特なトラックだし、世界の他のどの場所でも見つけることはできない」

「ルールはかなりシンプルだ。レース中に集中力を失わないことだ。さもなければ、最初のミスでウオールに突っ込んでしまう。バクーは厳しいトラックだけど、待ち切れない」

関連:2019年 F1アゼルバイジャンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1アゼルバイジャンGP