F1 シャルル・ルクレール
シャルル・ルクレールは、2019年にフェラーリでセバスチャン・ベッテルの“ナンバー2”ドライバーになるつもりはないと語る。

フェラーリとの契約にはセバスチャン・ベッテルの次ぐステータスを明示する条項はあるかと質問されたシャルル・ルクレールは「Oh no. No, no, no, no」と Formule 1 にコメント。

「僕たちは平等にシーズンをスタートする」

セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは友人関係だったが、シャルル・ルクレールは新しいチームメイトとなるベッテルのことをほとんど知らないと認める。

「彼のことはあまり知らないけど、いつも僕に親しくしてくれているよ」とシャルル・ルクレールはコメント。

「シミュレーターで良い仕事をしたら、いつも彼はテキストメッセージを送ってくれていた」

「彼とうまく仕事をしていけると思っている。でも、僕は学ぶためにフェラーリに行くわけではない」

「今年、フェラーリは十分に優れているし、2019年も同じようになれば、タイトルが目標でなければならない。大きなチャレンジではあるけどね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ルクレール | フェラーリ | セバスチャン・ベッテル