F1 シャルル・ルクレール ザウバー アゼルバイジャンGP バクー市街地コース
アルファロメオ・ザウバーのシャルル・ルクレールが、F11アゼルバイジャンGPが開催されるバクー市街地コースの見所とレースにむけての意気込みを語った。

シャルル・ルクレール
「バクーに戻るのを楽しみにしている。去年はフォーミュラ2で力強いレースができたし、バクー・シティ・サーキットをかなり快適に感じることができた」

「僕は市街地サーキットが特に好きなんだ。ドライバーにとってチャレンジングだし、いかなるミスも許されない。雰囲気は素晴らしいし、旧市街と城の景観は圧巻だ」

「プラクティスセッションではタイヤマネジメントについての学習が興味深いものになるだろう。そうすれば、このサーキットのチャレンジのための準備ができるし、適切なセットアップを見つけて、レースでパフォーマンスを発揮することに取り組んでいくことができる。クルマに戻るのを楽しみにしている」

関連:2018 F1アゼルバイジャンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ルクレール | ザウバー | F1アゼルバイジャンGP