カルン・チャンドック
チーム・ロータスは、今週末のF1ドイツGPでカルン・チャンドックがヤルノ・トゥルーリに代わって出場することを発表した。

昨年ヒスパニア・レーシングでF1デビューを果たしたインド人ドライバーのカルン・チャンドックだが、シーズン途中にレースシートを失い、今季はチーム・ロータスのリザーブドライバーを務め、オーストラリアGP、トルコGP、ヨーロッパGP、イギリスGPの金曜フリー走行に出走していた。

「まずなにより、今週末チーム・ロータスでレースをするチャンスを与えてくれたトニー・フェルナンデス、Kamarudin Meranun、そしてSM Nasarudinに感謝したい」とカルン・チャンドックは述べた。

「初めてチームに加わって以来、このようなチャンスを楽しみにしていたし、彼らの信頼に応え、今年、そしてこの先も長くチームの前進の手助けとなるようにベストを尽くすつもりだ。今週末には非常に現実的な考え方でアプローチしている」

「週末の間に各セッションで可能な限り多くを学び、プッシュするためにベストを尽くし、出来る限り最高の仕事をするためにエンジニアやチーム全体と密接に作業していくつもりだ」

「どんなことが起こっても、日曜日のグリッドに並べることに非常に興奮しているし、世界中には僕やチームを支えてくれる何百万人ものインド人ファンやチーム・ロータスのファンがいるので、応援に応えるためにも全力を尽くしたい」

ヤルノ・トゥルーリは、今年これまで困難なシーズンを送っており、特にパワーステアリングの問題によってマシンから最大限を引き出すことに苦労していた。

ヤルノ・トゥルーリは、ハンガリーGPで導入されるアップデートが問題解決の助けになることを期待していると述べた。

「今週末カルンと働くことを楽しみにしているし、ドイツでの彼のチャンスを最大限に生かせるよう出来る限り手助けをしたいと思っている」とヤルノ・トゥルーリは述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルン・チャンドック | ヤルノ・トゥルーリ | ケータハム