カルロス・サインツ、6基目のエンジン投入で5グリッド降格 / F1ブラジルGP
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、6基目の新しい内燃エンジン(ICE)を搭載し、2022年F1ブラジルGPで5グリッド降格が決定した。

F1ブラジルGPはシーズン 3 回目で最後のスプリント ウィークエンドであり、カルロス・サインツの 5 グリッド降格は、土曜日の午後の 100 km スプリントではなく、日曜日の決勝に適用される。

カルロス・サインツは、追加のICEに加えて8基目のエキゾーストシステムも投入している。
バルテリ・ボッタスと周冠宇のアルファ ロメオ勢もシーズンで 8基目のエグゾースト システムを投入している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1ブラジルGP