カルロス・サインツJr. 初日最速も「ベストを出せてないドライバーがいた」
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1シンガポールGPの金曜フリー走行でトップタイムをマークした。

カルロス・サインツJr.は、チームメイトのルクレールよりわずかにクリーンな走りで ​​FP2 のトップタイムを記録したが、ライバルのレッドブルとメルセデスのセッションが妥協していることを指摘し、予選は3チーム間の激しい戦いになることを予想している。

「僕たちはFP1でいくつかの課題に直面した。車が乗り心地の面でいかにバンピーで、全体的に貧弱で、ラフな感じでだったかは間違いなく驚きだった」とカルロス・サインツJr.は語った。

「FP2ではクルマを少し改善することができたけど、僕たち6人のタイトな戦いになりそうなので、まだ見るべきことがいくつかある」

「今日は、可能な限りベストなラップタイムを出せない問題を抱えたドライバーが何人かいたと思うし、明日は改善の余地がたくさんあると思う」

「明日はもっと速くなると予想している。フェラーリ、レッドブル、メルセデスのステップアップしてくると思うし、我々は最もステップアップする必要があるだろう」

カルロス・サインツJr. スクーデリア・フェラーリ F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1シンガポールGP