F1オーストリアGPのマーシャル、サインツの車両火災への対応を弁明
F1オーストリアグランプリのマーシャルは、フェラーリF1のカルロス・サインツJr.が車から出火したリタイアした際の対応が遅かったとの批判に応えた。

2番手のマックス・フェルスタッペンを追いかけていた残り16周目にカルロス・サインツJr.のフェラーリF1-75はエンジン故障に見舞われた。

カルロス・サインツJr.は、ターン4で車を停止することを余儀なくされたが、車の後ろから炎が噴出したときに坂道を車が後退するのを防ぐためにブレーキを踏んでいる必要があったため、コックピットから降りることができなかった。

そして、マーシャルが最終的に車輪の下に置くためのブロックを持って到着して、ようやくカルロス・サインツJr.は車から脱出することができた。

当時、カルロス・サインツJr.は、マーシャルが到着する前に、燃えている車の中でどれだけ長く待たされたかに明らかに不満を抱いていた。

ーシャルに車が転がるのを止めるためにタイヤに何かを置くのを手伝ってくれるように呼びかけていた。でも、全体のプロセスは少し遅かったと思う」とカルロス・サインツJr.は語った。

「ある時点で非常に多くの火が出ていたので、本当にに急いで自力で飛び出さなければならなかった。最初のマーシャルが到着して車を止めたのはちょうどその時だったと思う」

サーキットのオフィシャルセーフティクルーは、すべての手順が正しく行われたと述べ、応答が遅く見えた理由を説明する声明を発表した。

「2014年のジュールビ・アンキのひどい事故の後、コース上でのリカバリーと介入に関するFIAの規則は大幅に強化された」と声明は述べた。

「介入は、レースコントロールからの指示の後にのみ許可される」

「これにより、ドライバーとマーシャルの安全性が自然に向上するが、その一方で、介入に少し時間がかかるという欠点がある」

「いくつかの不幸な状況が重なった。サインツがフェラーリを駐車した場所は、マーシャルのスタンドからは見えなかった」

「彼らはラジオで消火器を持って車に行くようにという指示を受け、状況を見て消防車を呼ぶことにした」

「この決定は数秒以内に行われる必要があり、振り返ってみると、絶対に正しかった。グロージャンの事故(2020年のバーレーン)を覚えているなら、あのような状況では、手持ち式の消火器は絶対に十分ではない。

「そのため、消火器がオフになり、車が残された。テレビでマーシャルが“逃げている”不幸なイメージにつながった」

「もう1つの問題は、当然のことながら、サインツが車両に神経質になり、ブレーキをあまり早く切ったことだった。ウェッジ(くさび)を転がる車両の下に押し込まれなければならず、それはもちろん全体を非常に困難にした」

「我々は30秒以内に現場に消防車を設置した。これにより、急速に広がる火災が制御されたはずだ」

「グロージャンの事故以来、ドライバーを最善の方法で保護するために、その場で多くの“消火力”をすぐに持っていることが非常に重要えq」

「もう1台の緊急車両がすでに待機しており、3台目が向かっている途中だった。サインツが自分で車両から出ていなくても、可能な限り最善の方法で彼を保護することができただろう」

「ウェッジの抵抗により、車両はステアリングが動き、ガードレールで停止した。その後、消火器を数回押すだけで消火することができた」

それでも、マーシャル、事件はテレビ映りは良くなかったと認める。

「もちろん、振り返ってみると、トラックカメラからのテレビの写真や録画を見ると、改善が必要なことがわかる。また、これらについて社内で、そして社員と一緒に話し合っていく」

「また、この事件をさらに改善する機会として捉えていく。しかし、この例外的な状況では、火事は我々にとっても日常的な出来事ではないため、マーシャルは全体としてうまく対応した」

「我々はモータースポーツ愛好家のチームであり、そのようなイベントでトラックに沿って安全のために最善を尽くすために、トレーニングとエクササイズのために自由な時間を犠牲にしている」

F1 オーストリアグランプリ カルロス・サインツJr.

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1オーストリアGP