カルロス・サインツJr. F1初優勝 「この勝利を信じ続けてきた」 スクーデリア・フェラーリ F1カナダGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリで151戦待つことになった念願の初勝利を挙げた。

土曜日に初ポールポジションを獲得したカルロス・サインツJr.だが、スタートでソフトタイヤを装着していたマックス・フェルスタッペンにリードを奪われた。だが、全車が2つ目のセーフティカーラインを通過する前に赤旗が掲示されたことから、再びポールポジションからでグリッドに再スタートとなる。

2回目のスタートでカルロス・サインツJr.はレースをリードしたが、マックス・フェルスタッペンに抜かれてしまう。フェルスタッペンがマシントラブルで後退した後、セーフティカー中にソフトタイヤに交換するというギャンブルが成功し、シルバーストンで念願のF1初勝利を挙げた。

「初勝利はいつもだってちょっとした安堵だと思う。嘘をつくつもりはない」とカルロス・サインツJr.は語った。

「昨日のポールポジションは同じようには感じなかったけど、今日の勝利は少しほっとしている。それを手にして、F1で勝利を収めて、もっと戦い続けるつもりなのは確かだ」

「この車で改善を続けて、それを実現するように努めていく。正直なところ、僕はこの勝利を信じ続けてきた」

「今年は僕にとって厳しい年であり、最も簡単な年ではなかったけど、モナコでは勝つことができたと思った。カナダでは非常に近く、レースで何かが起こってそろそろ勝ってもおかしくなかった…だから信じ続けた。このスポーツが僕に教えてくれたことがあれば、信じ続けろということだ。これは今でも起こっている素晴らしい例だ」

カルロス・サインツJr.は、車にダメージを負ったシャルル・ルクレールに対してペースに苦戦していた。

「簡単ではなかった」とカルロス・サインツJr.は認めた。

「特にミディアムタイヤの最初のスティントでは、バランスにかなり苦労した。マックスは高速で僕たちをかなりプッシュしていた」

「それでも、僕はそれがまだ起こる可能性があると信じ続けていた。自分がしようとしていたレースにとどまる必要があった、そして、突然、セーフティカーが僕にそれに戻る機会を与えてくれた。そして…僕たちたちはそれを成し遂げた!」

「あおのセーフティカーのリスタートの緊張は想像するできると思う。それが僕のチャンスだと分かっているんだからね。そして、それを成し遂げ、勝利した!」

カルロス・サインツJr.は、F1初勝利を挙げたシルバーストンは彼の心の中で非常に特別な場所になりつつあると語った。

「シルバーストンは私にとって少し特別な場所だった。2010年にフォーミュラBMWで初めてレースに勝利しま」とカルロス・サインツJr.は説明した。

「2010年に初ポールポジションを獲得して、12年後、突然、まったく同じことを達成した。でも、フェラーリとF1でだ。だら、僕にとって特別な場所であり、その一部であり、僕を応援してくれたすべての観客に感謝している」

また、カルロス・サインツJr.は、レースの途中で彼より速いチームメイトであるシャルル・ルクレール(4位でフィニッシュ)にリードを明け渡すというスクーデリア・フェラーリのチームオーダーの擁護した。

「できる限りプッシュすることによって自分自身が前にとどまる最高のチャンスを手にしていたけど、シャルルを抜かせるのが完全に理にかなっていると思えるほどところまでフロントタイヤを破壊していたので、チームがそうするように僕に伝えてきたときすぐに彼を先に行かせた」

「僕は常にチームプレーヤーであり、これからもチームプレーヤーだ。特にフェラーリでは、チームが僕、僕の個人的な利益よりも先にあることを僕は知っている。シャルルをオーバーテイクした、彼を抜き返したときも同じ哲学を持っていた。今日は僕たちがレースを管理した良い例だ。セーフティカーが再起動する前に、1位と2位に2台の車がいた」

カルロス・サインツJr,が、F1初勝利を達成するのに151レースを要した。2回目の勝利までは何レースかかるのか?

「うまくいけば来週(オーストリア)だ。勝利は非常に特別なことだけど、シルバーストーンでそれを行うこと、今日のこのような観客の前でそれを成し遂げるのは特別なことだ。彼らから歓声が聞こえた。英国人のルイスがいて、今日の彼は絶好調で、特別な日のひとつに素晴らしいドライブをしていた。それでも観客全体、多くの仲間のドライバーが僕のために喜んでくれた・・・僕を祝福し、僕のためにハッピーに感じてくれた」

「実際、パドック全体が僕のために誇りに思い、幸せに思ってくれていると感じている。これは特別な気持ちであり、説明することはできない…全員にありがとうと言いたい」

一通りのインタビューを終えたカルロス・サインツJr.は、スクーデリア・フェラーリの公式リリースで改めてF1初勝利について語った。

「なんて日だ! お気に入りのトラックの1つであるシルバーストンでこのような素晴らしい観客の前でスクーデリア・フェラーリと一緒に初めてF1グランプリで優勝することは文字通りアメージングだ」とカルロス・サインツJr.はコメント。

「精神的には、これまでで最も過酷なレースの1つだった。ギャップの管理、コース上での多くの戦い、2回のスタート。僕たちはアンダーステアに少し苦労し、第2スティントでは最後まで燃料をセーブしなければならなかったので、リフトアンドコーストは後ろの車から僕を危険に晒していた」

「でも、セーフティカーが出てすぐに、僕のタイヤはかなり古かったので交換することが最も重要であることがわかった。 再スタート時にはタイヤはフレッシュだったけど、チームとして1-2で戦っていたので、シャルルをできるだけクリーンオーバーテイクすることを目指した」

「セーフティカーの後ろで燃料をセーブできたおかげで、最後までプッシュすることができ、ついに最初の勝利を収めることができた。今日は楽しむけど、すぐに次の準備に取り掛かるつもりだ」

カルロス・サインツJr. スクーデリア・フェラーリ 2022 F1 イギリスグランプリ


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1イギリスGP