フェラーリF1のカルロス・サインツJr. 「クラッシュを恐れずプッシュできるようなった」
スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1カナダグランプリでフェラーリF1-75をより快適に感じたとし、「車を失うことを恐れずにプッシュすることができた」と語った。

カルロス・サインツJr.は、序盤のレースで、スクーデリア・フェラーリが新しいF1レギュレーションに沿って生み出した新世代F1マシンを最大限に活用するのが難しいと感じ、チームメイトのシャルル・ルクレールと比較して苦労していた。

サウジアラビア、イモラ、アゼルバイジャンでのリタイアは、走行時間を制限し、勢いを増すことができなかったことで、カルロス・サインツJr.をさらに後退させた。

しかし、日曜日のF1カナダグランプリでは、カルロス・サインツJr.はチェッカーフラッグまでレースウィナーのマックスフェルスタッペンを追い詰め、コース上で最速の男だった。

カルロス・サインツJr.は、まだF1での初優勝を挙げておらず、マックス・フェルスタッペンに敗れたことに失望したが、モントリオールの週末は、マックス・フェルスタッペンを抜くために「ウオールに1インチも残さなかった」と述べ、F1-75をより快適に限界までプッシュできると感じたことは一歩前進だったと述べた。

定期的にマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールに挑戦できるかと質問されたカルロス・サインツJr.は「そう願っている。レース前に言ったように、チャンピオンシップなどについてはあまり考えずに、もう少しレースごとに取り組みたいと思っている」と語った。

「本当にトラックに集中したいし、車内のパフォーマンスと快適さの良いウィンドウに自分自身を入れることができるかどうかを確認したい。今週末は、FP1以降、予選とレースペースの両方で非常に速く見えたので、それができたと思う」

「レースでは、たとえばバルセロナでのように車を失うことを恐れるこなく、全開でプッシュしていた」

「いくつかの良い進歩が見られた。僕たちは車のいくつかのことを変更して、少しだけ僕の好みに合わせて仕上げようとしたけど、それらは機能しているようだ」

「しかし、同時に、もっと多くのサーキットが必要だと思う。それを適切に感じるにはもっと多くの種類のコーナーが必要だ」

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、カルロス・サインツJr.がレースでの勝利の定期的な候補になることを示したと信じており、コンストラクターズタイトルでレッドブルと戦うため、チームが彼を信頼できることを示すことが重要であると語った。

「とても良いレースだった。レースごとに彼は自信をつけ、ドライビングを改善し、どんどん速くなっていて、彼はハッピーで。よりリラックスしている」とマッティア・ビノットは付け加えた。

「これから彼は今後のレースで自分も優勝候補であることを証明するとかなり確信している」

「彼の走りにはとても満足している。我々スクーデリアとっても、彼が非常に速く走れることを知り、彼を信頼できることが重要だ」

マッティア・ビノットは、カルロス・サインツJr.がマックス・フェルスタッペンとアルピーヌF1のフェルナンドアロンソの後ろの2列目からスタートしたため、改善するエリアとして予選を選んだ。

シャルル・ルクレールがグリッドペナルティを受けたモントリオールを除けば、カルロス・サインツJr.は今年これまでのすべての予選セッションでチームメイトに負けている。

「レッドブルとマックスとの緊密な戦いで勝つためには、週末を通して完璧である必要がある」とマッティア・ビノットは付け加えた。

「そして、どちらかといえば、カルロスからの予選は完璧ではなかったかもしれない。先を行くのと追いかけることは別の問題であるため、彼に少しコストがかかったのは確かだ」

カルロス・サインツJr. F1 スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ