「カルロス・サインツはルクレールのレベルではない」と元F1王者
スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツは「シャルル・ルクレールのレベルではない」と1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーブは語る。

F1スペインGPでシャルル・ルクレールは、ターボが故障するまで支配的な強さを見せていたが、チームメイトのカルロス・サインツは再び困難な週末を過ごしていた。

「ミディアムでのフェラーリのペースを知りたかったので、ルクレールがリタイアしたときはがっかりした」と元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースは De Telegraafに語った。

「サインツは良い指標にはならない。自分の抑えが利かなくなっていた」

「彼は今の自分に満足ていない。彼をカメラで見ると、数年前のサインツは見えない」

「彼はルクレールに参っているみたいだ」

ジャック・ヴィルヌーブは、カルロス・サインツの大きな問題は彼が「ミスを犯しすぎている」ことだと考えている。

「彼は明らかにルクレールのレベルではない。彼は追いつくために常に危険と隣り合わせの走りをする必要がある。それはレースやチャンピオンシップに勝つことができる車では起こらないはずだ」

「彼がメルセデスの後ろで表彰台を逃すのは見栄えが良くない」

また、クリスチャン・アルバースは、セルジオ・ペレスも批判。レッドブル・レーシングのチームリーダーであるマックス・フェルスタッペンの方が「彼よりもはるかに速い」と述べた。

「ペレスが最高の日を過ごし、フェルスタッペンが最悪の日を過ごした場合にのみ、ペレスはマックスに先んじるチャンスがある」とクリスチャン・アルバースは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / シャルル・ルクレール