カルロス・サインツJr. 「ルクレールに対して多くを失ってはいない」 / スクーデリア・フェラーリ F1スペインGP 金曜フリー走行
カルロス・サインツJr.は、2022年のこれまでの5レースすべてでスクーデリア・フェラーリのチームメイトであるシャルル・ルクレールにアウトクオリファイされている。

しかし、カタルーニャ・サーキットでのホームレースでの土曜日の予選セッションに先立ち、カルロス・サインツJr.は今シーズンの記録は「素晴らしい」ものではないと認めつつも、は予選のパフォーマンスについてあまり心配していなかったと語る。

カルロス・サインツは、前戦マイアミでの予選ベストリザルトとなる2番手を含め、今シーズン3回の渡船トップ3入りを果たしている。しかし、オーストラリアでは車のトラブルでピットレーンを出るのが遅れるという予選中に不運に見舞われて9番手となり、イモラでは予選でクラッシュして10番手となった(スプリントで順位を上げて決勝は4番グリッドからスタート)。

一方、シャルル・ルクレールは一貫性のモデルであり、今シーズンは3回のポールポジションを含めて5レースすべてで予選トップ2に入るを果たしている。

しかし、カルロス・サインツJr.は、チームメイトだけでなく、フィールド全体をアウトクオリファイするのは時間の問題だと信じている。

「目標はシャルルをアウトクオリファイするだけでなく、競争力のある車ですべての人をアウトクオリファイすることだ」とカルロス・サインツJr.は語った。

「でも、今シーズンのこれまでのところ、彼がこの新しい車ですぐにコツを見つけたのは秘密ではないし、私は攻略するのに苦労している。苦労していても、ほぼすべての予選で0.1秒遅れだし、何マイルも離れているわけではない」

「自分は手の届く範囲にいると感じているし、車を運転するために必要な正確な方法と、自分の好みに合わせてセットップする必要がある正確な方法についてもう少し頭が解明できれば、すぐに週末は変わる可能性がある」

「記録は素晴らしいものではないかもしれない。自分としてもそれについて特に誇りに思っているわけではない…最後のいくつかの予選では、ポールポジションを目指して戦ってきたので、多くが不足しているわけではない」

マドリッドで生まれたカルロス・サインツJr.は、フェルナンド・アロンソとともに、今週末のスペインGPで彼の愛するホームファンの前でレースをする。そして、9回の表彰台フィニッシャーは、スペインでF1がどのように成長したかについての彼の興奮について話した。

「物凄いよね。観客は満員だ。週末全体で30万人、日曜日は10万人が来場すると予想している。満杯になるのは久しぶりだ」とカルロス・サインツJr.はコメント。

「僕のホーム側グランドスタンドは2時間で完売したし、街、グランプリは大きな盛り上がりを見せている。F1は至る所で成長していると思うけど、スペインもその一部だ」

カルロス・サインツJr. スクーデリア・フェラーリ F1 スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1スペインGP