カルロス・サインツ 「フェラーリF1と一緒に勝てるチームを作りたい」
カルロス・サインツは、2021年にF1世界選手権で傑出したドライバーのひとりとして名を上げており、フェラーリF1への統合を予想を超えている。そして、今後、スポーツで最も有名なチームを再び素晴らしいチームにしたいと考えている。

シャルル・ルクレールがフェラーリを支配し、セバスチャン・ベッテルが冗長となったフェラーリは、後任としてカルロス・サインツに目を向けた。F1で123戦の経験のあるスペイン人は、4番目のチームとなったフェラーリでの旅でよいスタートを切った。

カルロス・サインツは成熟しており、まだそれを継続している。誰もがフェラーリのナンバー2を演じることになると考えていたが、F1モナコGPでは予選でチームメイトがクラッシュしてポールポジションのチャンスを逃したことを悔しがり、2番目に甘んじることがないことを主張した。

そして、シャルル・ルクレールが結局スタートできずに3番手からスタートしたカルロス・サインツは、バルテリ・ボッタスのリタイアもあり、ウィナーのマックス・フェルスタッペンから8秒差で2位でフィニッシュ。フェラーリ移籍後、初表彰台を獲得した。

それでも、優勝できるチャンスがあった失った機会に怒りを示す様は、優れたドライバーのスピリットの一種として捉えられた。カルロス・サインツには勝てる才能とハングリー精神があることを示した。

カルロス・サインツは、フェラーリF1に長期的にコミットしており、勝てるチームを作り上げたいと語る。

「ポテンシャルがあり、我々がやっているように反応する能力を持っったチームは多くない」とカルロス・サインツは Gazzetta Motori に語った。

「もちろん、難しいことだけど、今年僕たちがすでに速くなっていることが証明されている。今は時間が必要だ。来年ではないかもしれないけど、その後に勝てるチームを作りたいと思っている」

「新しいレギュレーションで何が起こるか見てみよう。僕たちは2022年にすでに競争力をつけることに取り組んでいるけど、ライバルのレベルはわからない」

フェラーリの地元イタリアは、赤いマシンが常にF1の最前線にいることを求めており、時間は決してチームの見方ではない。最近の勝利は少なく、ティフォシのムードは暗い。

したがって、カルロス・サインツはそのプレッシャーと注目から逃れることはできない。

「素晴らしい感情がある。まず第一に、チームだけでなく、イタリアや世界中の何百万人ものファンのために運転しているという巨大な責任を知っている」

「それは名誉なことだ。すべての子供がおもちゃの中に赤い車を持っていた。フェラーリのドライバーであることは、その色の車を運転する男になる時が来たことを意味している」

カルロス・サインツは、平日にできるだけファクトリーに行けるようにマラネロに引っ越した。彼は定期的にファクトリーを訪問しており、その過程でファクトリーの全員の心を掴んでいる。

「マラネロにいるときは仕事だ。終わったときはたまたま1日を過ごすこともあるけど、週末にはマドリードに帰っている」

「典型的な日は、午前9時から午後17時までシミュレーター、エンジニアとのミーティング、19時30分に夕食だ。それはスペインのスケジュールが大幅に異なる。早寝し、翌日さらにミーティングを行う。同時に、毎日のエネルギーを得るために食事にも気を付けている」

フェラーリF1での目標を達成するためのタイムラインについてカルロス・サインツは「少しの忍耐が必要だ。2021年はチームを再構築し、自信を持って2022年を開始するための年だ」と語る。

「僕たちは今後何年にもわたって良いチームを構築し、ドライバーとマラネロの全員が成功するために完全に活気づいている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ