カルロス・サインツ 「マクラーレンはフェラーリ移籍を祝福してくれた」 / F1ニュース
カルロス・サインツは、マクラーレンF1チームの上層部は、2021年にフェラーリに移籍を実現したことを祝福してくれたことを明かした。

カルロス・サインツは、交渉が破綻して2020年シーズン限りでチームを離れることになったセバスチャン・ベッテルの後任として、2021年からフェラーリと2年契約を結んだ。一方、マクラーレンはカルロス・サインツの後任としてルノーからダニエル・リカルドを獲得することに成功している。

カルロス・サインツは、マクラーレンF1チームの上層部はフェラーリに移籍するという決断に“失望していたが、理解してくれた”と Formula1.con のインタビューで語った。

「僕たちドライバーは非常に厳格な契約下にある」とカルロス・サインツは語った。

「2021年にフェラーリが僕を起用することに関心があると感じた瞬間にザクのところにすぐに伝えに行った。彼の返答は『わかった、これは君にとってチャンスなのでフェラーリと交渉させよう。すべてがどのように発展するかを知りたいので連絡を取り合おう』というポジティブなものだった」

「彼らは、後任を探す必要がある場合に備えて、僕からの明確さを必要としていた」

「彼らはすぐに『カルロス、これが真剣なことなのかどうかを知らせてほしい。我々は取り残されるわけにはいかない。我々が市場に参入しなければならない場合はできるだけ早く知る必要がある』と言っていた」

「僕たちは非常にオープンな関係を築いていた。常にそうだったけど、その時点から非常にオープンな方法をとっていくことに決めた。舞台裏で何が起こっているかを相互に投稿し続けた」

「そして、その時点で、明快さなど、僕たち全員が関係する全員の利益のために可能な限り迅速に決定を下そうと少し急いでいた」

「反応は非常にシンプルだった。彼らは僕のために喜んでくれた。彼らは私を祝福し、『カルロス、君はそれに値するし、そこで素晴らしい活躍ができると確信している』と言ってくれた。ボスからそう言ってもらえるのはいつだって自信を高めてくれるものだ」

マクラーレンF1チームのCEOを務めるザク・ブラウンは、冬の間にカルロス・サインツがフェラーリF1と交渉することを許可していたので、チームを離れることに“わだかまりはない”と語っており、カルロス・サインツもそのプロセスの扱われ方を“心から誇りに思っている”と語った。

「正確な日付は教えられないけど、2019年と2020年の間の冬にフェラーリとの交渉が始まったと言っておこう」とカルロス・サインツは説明した。

「信じてほしいけど、それを聞いた瞬間、ザクの反応がどうなるかわからないまま、彼のところに行き、フェラーリとより真剣な交渉をしていいか許可を求めた」

「彼はすぐに『いいかい、それはチャンスだ。彼らと話をして、彼らがどう思っているのかを確認しなさい』と言ってくれた」

「交渉はかなり奇妙なものだったと言わなければならない。僕のチーム、私の父、いとこ、マネージャーが最も重要な部分の世話をしてくれた。でも、時々、自分でマティア(ビノット/フェラーリF1チーム代表)と電話で話してした。ザクとも常に電話していたし、アンドレアス(ザイドル/マクラーレンF1チーム代表)とも電話で話していた」

「もちろん、みんなと同じように何度かZoomミーティングはあったけど、僕にとってこのプロセスの鍵は、それを実現することに関与したすべての関係者の明確さと開放性だった」

「とにかくぎこちない状況はまったくなかった。そのことは信じられないほど誇りに思っている。それがすべて管理されている方法にとても満足しているし、ザックと彼のチームにとても感謝している」

カルロス・サインツは、2020年の残りの間はワーキングに残り、残りの時間をマクラーレンと成功させるために全力を尽くすことを約束した。

「マクラーレンには可能な限りベストな方法で別れを告げたい」とカルロス・サインツは語った。

「去年のベストを尽くしたのと同じように、今年もベストを尽くすつもりだ」

「来年、自分がフェラーリの一員であったとしても、マクラーレンがF1の表彰台のトップに戻るのを見ることほど幸せになることはないと思っていることを信じてほしい。マクラーレンは常に上位争いのストーリーの一部だったからね」

「F1のファンとして、マクラーレンのファンとして、マクラーレンがトップに戻るのを見たいと思っている

「本当に退屈しているので、すぐにレースに戻りたい。家から出たいし、マクラーレンに戻りたい。シミュレーターを運転したい、タイヤについて、レースやデータなどすべてについて語りたい。そして再びF1を楽しみたいね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / マクラーレン