F1 カルロス・サインツJr.
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1カナダGPの予選Q1でトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンの走行を妨害したとして3グリッド降格ペナルティを科せられた。

両者ともQ1を突破していたが、カルロス・サインツは、予選Q1でターン1とターン2を通過する際にアレクサンダー・アルボンをブロックしたとみなされた。

FIAは「アルボンは、ターン2でレーシングラインを低速で運転していたサインツとのギャップを縮めていた際に速い周回をしていた」と説明。

「サインツとチームと無線で会話をしており、タイヤについて話していた。アルボンの接近についてのチームの警告は遅すぎ、アルボンはラップを中止しなければならなかった」

カルロス・サインツは「インシデントについて謝罪する。チーム全体として謝罪する。最終的にQ3が犠牲になってしまった」とコメント。

「残念ながら、明日はペナルティによって望んでいた場所からスタートすることはできないけど、前進してポイントを獲得するチャンスは十分になると確信している」

「僕たちのペースは励みになるものだったし、明日を楽しみにしている。このトラックが大好きだし、あらゆるチャンスを掴み取る準備はできている」

予選9番手で終えたカルロス・サインツは暫定で12番グリッドからスタートする。

関連:F1カナダGP 予選 | セバスチャン・ベッテルが今季初ポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / マクラーレン / F1カナダGP