F1 カルロス・サインツJr. マクラーレン
カルロス・サインツは、2019年のF1選手権は“誰もが”ミッドフィールドをリードする可能性があり、マクラーレンは“全チームを警戒”しなければならないと語る。

現在のF1はメルセデス、フェラーリ、レッドブルの3チームだけが、残りのグリッドに対して実質的な優位性を持っている。2018年はカルロス・サインツが所属したルノーがミッドフィールドのトップとなる4位でシーズンを終えた。

ルノーはシーズンの大半でハースからの挑戦を受けたが、トップ3チームで唯一表彰台を獲得したフォースインディアはオーナーシップの変更によって0ポイントから再出発をしたことで、マクラーレンの後ろで7位で終えたが、序盤の財政難とポイント喪失がなければ、ルノーとベスト・オブ・ザ・レストを争っていたはずだ。

一方、ザウバーはシーズンを通して最も大きな改善を果たした。また、トロロッソもホンダのF1エンジンの進歩とともに速いペースを示しており、来季からはレッドブルとほぼ共通のシャシーを有することになる。ウィリアムズも壊滅的なシーズンからの巻き返しを目指している。

先月のアブダビテストで、初めて来季から所属するマクラーレンのF1マシンを試したカルロス・サインツは、全チームを注目する理由として今年のザウバーの進歩を挙げた。

「実際、彼ら(ザウバー)が現時点で最強のミッドフィールドチームであるとすれば、僕たち全員が彼らを警戒しなければならないと思う」とカルロス・サインツはコメント。

「でも、来年僕たちは全員を警戒しなければならないと思う。ザウバーについて考えているし、もう少し予算の多いフォースインディアにもその実力があるかもしれない。ルノーだってそれができるはずだ」

「ハースが現在手に入れているフェラーリのパーツを手に入れ続けることができて、フェラーリがエンジン開発を支配し続ければ、彼らもとても強いはずだ」

「マクラーレンもまったく新しいプロジェクトを進めているし、困難なシーズンの後、投資をして、4位に戻ることを望んでいる」

「それらすべてのチームについて考えければならないし、来年は誰もがミッドフィールドの戦いをリードする可能性があると思う」

「僕としては、ミッドフィールドとトップチームとのスペースがもう少し縮まって、もう少しエキサイティングなレースができることを願っている。その上で誰がトップに出るか見てみるつもりだ。誰が新しいレギュレーションでうまくやれるかが重要になる」

また、カルロス・サインツは、マクラーレンがミッドフィールドグループに追いつくためにはルノーがエンジン開発を加速させる必要があると考えている。

「エンジンについて考えると、来年ステップを果たすためにはルノーが必要だ。そうでなければ、メルセデスとフェラーリ、さらにはホンダも進化し続けていくだろうし、埋めるのがとても難しいギャップを生み出していくだろう」

「言うのは難しいけど、この状況がもう少し良って、僕たちがより近い戦いの場にいることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | マクラーレン