F1 カルロス・サインツ フェルナンド・アロンソ マクラーレン
カルロス・サインツは、2019年にマクラーレンに移籍するという決断には同じスペイン人ドライバーであるフェルナンド・アロンソからの助言が大きな影響を与えたことを明かにした。

カルロス・サインツは、今シーズン限りでF1キャリアに終止符を打ったフェルナンド・アロンソの後任として2年契約を結んで2019年からマクラーレンに加入する。

カルロス・サインツは、マクラーレンのポテンシャルについてのフェルナンド・アロンソのコメントが最終的な決断に大きな影響を与えたと語った。

「多くの変化やプロフェッショナルな出来事があってポジティブな一年だったし、それは僕のスポーツのキャリアで大きな助けになった。それは僕に今後2年間マクラーレンに加入するというドアを開く機会を与えてくれた。それを楽しんでいけると確信している」とカルロス・サインツは Mundo Deportivo にコメント。

「僕は家族の健康と幸福を求めているし、自分のための比重は残りのほんのわずかな部分だ。頑張って、物事をうまくやっていれば夢は叶うものだし、状況は自分のために向いてくるものだ」

マクラーレン加入についてカルロス・サインツは「興奮している。言葉で表現するとすれば、それが今の気持ちかな」とコメント。

「今月はファクトリーに行って、みんなに会うことができた。チームは本当に厳しい一年を過ごしたけど、もう新たなスピリットを持っている」

しかし、カルロス・サインツはマクラーレンが“少しずつ”改善していくことが“現実的な目標”だと語る。

「僕たちがどれくらい改善できるか僕にはわからないけど、進歩が見られることが願っているし、できるだけ貢献したいと思っている」

「短期的なことも重要だけど、これが中期的なプロジェクトであることを忘れてはいけない。本当に重要なのは今後の2年間で僕たちがどうなるかだし、来年のオーストラリアはそれほど重要ではない」

フェルナンド・アロンソがマクラーレン移籍に与えた影響についてカルロス・サインツは「フェルナンドはマクラーレンに移籍するよう僕にアドバイスしてくれた」とコメント。

「彼はマクラーレンにポテンシャルがあると信じてるし、それが中・長期的なプロジェクトであることをわかっている。でも、僕は忍耐できる若さだし、そのようなチームで自分を確立していきたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | マクラーレン | フェルナンド・アロンソ