F1 カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、2019年にルノーに残留することはほぼ間違いないと報じられている。

レッドブルと契約を結んでいるカルロス・サインツは、昨年末のホンダ、ルノー、マクラーレン、トロロッソを巡るエンジン契約の一環として、1年間のローン移籍という形でレッドブルから1年間の期限付き移籍でルノーに加入にした。

しかし、レッドブル・レーシングは、トロロッソに続き、2019年にルノーからホンダにF1パワーユニットを変更することを決定。レッドブルとルノーとの関係はなくなったことで、カルロス・サインツの契約についても不確実なものになった。

また、ダニエル・リカルドはまだレッドブル残留を決定しておらず、リカルドがレッドブルを離れる決断した場合は、カルロス・サインツがレンタルバックされてレッドブル・レーシングのシートに収まるとされている。

しかし、スペインの Marca は、カルロス・サインツはルノーに残留することになると報道。その場合は完全移籍となるだろう。

「今後数週間で発表されるだろう。他のドライバーが関連する状況、ダニエル・リカルドのレッドブルとの契約が発表された後になる」と同紙は報じた。

先週末のシルバーストーンで噂について質問されたカルロス・サインツは「ダニエル・リカルドの決定によっていくつかのことが決定するだろう。でも、100%確定しない限り、噂についてコメントする価値はない」とコメント。

だが、カルロス・サインツは、レッドブル・レーシングのシートよりもルノーに残留することができた方が嬉しいと語る。

「彼らが雇っている多くの人々、ファクトリーで成し遂げた改善、過去数年間にあたるエンジンとクルマの飛躍を見れば、ルノーはF1のなかで最も良い見通しのひとつだと思う」とカルロス・サインツはコメント。

「僕はこのプロジェクトの一員であることを誇りに思ている」

現在、カルロス・サインツは、28ポイントを獲得してドライバーズ選手権10位につけており、ルノーもコンストラクターズ選手権でレッドブル・レーシングに次ぐ4位に位置している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | ルノー