レクサス LCコンバーチブル
レクサスは、フラッグシップクーペLCのコンバーチブルモデルの市販化を発表し、イギリス・サセックスで2019年7月4日(木)から開催されているGoodwood Festival of Speed 2019において、試作車を世界初披露した。また、独自のカモフラージュを施した状態でヒルクライムを走行した。

LCのコンバーチブルモデルは、レクサスが提唱するラグジュアリーライフスタイルの新たな提案として開発され、クーペモデルとともに、LEXUSラインアップの頂点として、飽くなき美の追求と感性を刺激する唯一無二の体験の提供を目指している。

LCのデザインと走行性能が調和した独創的で流麗なスタイリングや、「より鋭く、より優雅に」をコンセプトとする優れた走りを継承するとともに、コンバーチブルモデルならではの自然との一体感や運転の気持ちよさをもたらします。

今回の走行では、LEXUS TEAM KeePer TOM'SからSUPER GT GT500クラスに参戦しているニック・キャシディ選手がドライバーを務めた。LCが持ち味とするリニアですっきりとしたステアリングフィールや、心地良い走りのリズムに一層磨きをかけるため、Goodwood Festival of Speedを皮切りに世界各地で走り込みクルマを鍛え上げていく

車名や具体的な性能などは、後日発表する予定としている。

佐藤 恒治 Lexus International Executive Vice President
「Goodwood Festival of Speedは、新旧の名車とドライバーが集う歴史ある自動車の祭典であり、自動車文化を継承・発展させる場所であると考えています。LEXUSにとってこの場に参加できることは大変光栄なことであり、2016年のフラッグシップクーペLCに続き、再びこの地でLCコンバーチブルモデルの試作車をいち早くお披露目できることはこの上ない喜びです。市販モデルの発表にも是非ご期待ください。」

レクサス LCコンバーチブル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 自動車ニュース