カンポス、ブルーノ・セナの起用を正式発表
カンポスは10日、スペイン南部のフエンテ・アラモ・デ・ムルシで記者会見を行い、ブルーノ・セナとの契約を正式に発表した。

カンポス・メタのロゴが入ったTシャツを着たブルーノ・セナが、カンポスのドライバーとして初めて公の場に登場した。

「すぐに、みんなが伯父の名字としてでなく、ブルーノとして僕を覚えてくれることを期待している」とセナは語る。

「僕はそれに耐えることを学んできた。初めはスポンサーや契約を見つけるのに役立ったけど、ドライバーになるには才能がなければならない」

「新しいチームのためにポイントを獲りたいし、新チームで一番になりたい。いつかは世界チャンピオンになりたいね」

火曜日にブルーノ・セナは、イタリアのカンポスのマシンが製造されているダラーラのファクトリーを訪問。シート合わせをはじめ、新車での作業を開始したことを自信のTwitterで明らかにしていた。

「クルマはうまく開発されていると思う」

「モノコックに座って、シートを造り、パワーステアリング・システムをテストした。チームが実際にプロジェクトに投資しているのをみれて嬉しかったね。1台目のクルマがデリバリーされる予定日は1月末だよ」

水曜日にFIAのメディカルテストを受けたあと、マドリードでハリウッドスターのスカーレット・ヨハンソンとともにイベントに参加する予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カンポス | ブルーノ・セナ