ジェンソン・バトン マクラーレン移籍
ジェンソン・バトンがマクラーレン移籍への意気込みを語った。2009年のワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、マクラーレンでカーナンバー1をつけて2010年シーズンを戦う。

ジェンソン・バトン
「長くいたチーム離れることは、いつだって難しい決断だ。でも、人生はチャレンジがすべてだし、最も重要なことは自分自身に挑戦することだ。去年ブラウンGPとタイトルを獲得してことは決して忘れないけど、ずっと新しい挑戦を求め続けたかったんだ」

「それがボーダフォン・マクラーレン・メルセデスに加入することに決めた理由だ。このチームの輝かしい歴史を無視することはできない。マクラーレンはスポーツの世界でも最も偉大な存在だし、これまでの功績や過去のチャンピオンたちは、まるでF1の歴史を読んでいるようだ。エマーソン・フィッティパルディ、ジェームス・ハント、ニキ・ラウダ、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、ミカ・ハッキネン、そしてもちろん、僕のチームメートになるルイス・ハミルトン。小さな頃からマクラーレンを見てきたし、最終的にその一員になれるなんて信じられない気分だ」

「今月初めにマクラーレン・テクノロジー・センターを訪れたとき、単純な技術的なリソースだけではなく、その素晴らしい水準に感銘を受けた。いいや、そこにいるみんなに流れている野心やモチベーション、勝利へのスピリットに心を打たれたと言ってもよい。そして、そこにはチームの壮大な歴史があった。トロフィーのキャビネットが何マイルも続いているように思えた」

「個人的には、もう1人のイギリス人チャンピオンと仲間になることも非常に嬉しいことだ。ルイスは、とても短い間に信じられないような成功を成し遂げたし、全F1ドライバーが敬意を払っている素晴らしい才能を持ったドライバーだ。僕たちがお互いから学べることはたくさんあるだろうし、僕たちの知識を合わせてチームを前進させることを本当に楽しみにしている」

「オール・イギリスのラインアップになることも素晴らしいと思う。僕たちは、国旗を掲げげることに誇りを持っているし、世界中のマクラーレンファンだけでなく、イギリス全体が誇りに思ってくれることを心から望んでいる。母国を代表できること以上のことなんてないよ。僕たちで二人でこれから何年もF1のサーキットを赤と白と青で塗りつぶしくことを楽しみにしている」

「この先、相当な量の激務あることはわかっているけど、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスは重要な場所であるトラックそれを届けられると確信している。僕たちは2010年シーズンの準備を始めているし、マクラーレン・テクノロジー・センターでエンジニアと作業を始めるのを楽しみにしている。そして、ワールドチャンピオンを防衛したい。マクラーレンは常に勝利を狙うチームだし、その一員になることを楽しみにしている」

「最後になったけど、2009年シーズンは僕に思い出のなかでずっと特別な思場所だし、それはタイトル獲得のため懸命に働いてくれたブラウンGPの全員が同じ気持ちだと思う。同様に、メルセデス・ベンツ・ハイパフォーマンス・エンジンのみんなにもお礼を言いたい。彼らがいなければ、僕たちがあれほど競争力を発揮することはできなかった。彼らのエンジンを2010年以降も使えることをとても嬉しく思っている」

「メルセデスGPに生まれ変わる元ブラウンGPのみんなの新しい冒険の幸運を願っているし、彼らも僕のボーダフォン・マクラーレン・メルセデスでの冒険の幸運を願ってくれると思っている」

関連:
マクラーレン、ジェンソン・バトンとの契約を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / マクラーレン