2019年 F1イギリスGP 決勝 スターティンググリッド
FIA(国際自動車連盟)は、2019年のF1世界選手権 第10戦 イギリスGPの決勝スターティンググリッドを発表した。

今大会ではペナルティによるグリッド降格者はなし。久しぶりに予選順位のままで決勝のスタートが切られることになる。

ポールポジションからスタートするのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。2番グリッドには0.006秒の僅差で敗れたチームメイトのルイス・ハミルトンが並ぶ。

2列目にはシャルル・ルクレール(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、3列目にはピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が並ぶ。

上位3列のうち、メルセデスとレッドブルがミディアムタイヤ、フェラーリがソフトタイヤでスタート。蹴り出しに有利なフェラーリがオープンニングラップでどこまで順位を上げるかが序盤の注目となる。

ピレリは、ソフト-ソフト-ハードと繋ぐ2ストップ戦略が最速だと推定している。ルイス・ハミルトンとシャルル・ルクレールが新品のソフトを残している点も興味深い。

F1 イギリスGPの決勝は7月14日(日)22時10分(現地時間 14時10分)からスタートする。

2019年 F1イギリスGP 決勝スターティンググリッド

グリッドNoドライバーチーム予選
177バルテリ・ボッタスメルセデス1(-)
244ルイス・ハミルトンメルセデス2(-)
316シャルル・ルクレールフェラーリ3(-)
433マックス・フェルスタッペンレッドブル4(-)
510ピエール・ガスリーレッドブル5(-)
65セバスチャン・ベッテルフェラーリ6(-)
73ダニエル・リカルドルノー7(-)
84ランド・ノリスマクラーレン8(-)
923アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ9(-)
1027ニコ・ヒュルケンベルグルノー10(-)
1199アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ11(-)
127キミ・ライコネンアルファロメオ12(-)
1355カルロス・サインツマクラーレン13(-)
148ロマン・グロージャンハース14(-)
1511セルジオ・ペレスレーシングポイント15(-)
1620ケビン・マグヌッセンハース16(-)
1726ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ17(-)
1818ランス・ストロールレーシングポイント18(-)
1963ジョージ・ラッセルウィリアムズ19(-)
2088ロバート・クビサウィリアムズ20(-)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1イギリスGP