F1 ブレンドン・ハートレー フェラーリ
元トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、現時点でフェラーリのリザーブドライバーの役割であり、それだけでなく、カスタマーのアルファロメオ・レーシングでも同じ役割を担っているという。

昨年末でトロロッソ・ホンダのF1シートを喪失したブレンドン・ハートレーは、来季のFIA(世界耐久選手権)にフェルナンド・アロンソの後任としてトヨタから参戦することが決定している。

「トヨタでの僕の将来は素晴らしい。うまく着地できたね」とブレンドン・ハートレーは Speedcafe にコメント。

だが、それまでブレンドン・ハートレーは、フェラーリのシミュレータードライバーであり、すべてのグランプリっで仕事をしている。

Blick の報道によると、ブレンドン・ハートレーは、セバスチャン・ベッテルもしくはシャルル・ルクレールがレースに出場できない場合には代わりに赤いクルマを走らせることになると報道。

さらに最近ブレンドン・ハートレーは、スイスに移動してシート合わせを行っており、フェラーリのカスタマーであるアルファロメオ・レーシングでもリザーブドライバーの役割を担うという。

ブレンドン・ハートレーは、フェラーリのシミュレータードライバーとして役割に満足していると語る。

「ドライバーが重要ではないシミュレーターはまだ存在しない。感情を持ったインプットだ。AIはまだその代りはできない。だから、僕にはまだ仕事がある」とブレンドン・ハートレーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブレンドン・ハートレー / フェラーリ