F1 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーが、2018年のF1世界選手権 第19戦 メキシコGPへの意気込みと、アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスについて語った。

「メキシコはF1マシンで走ったことがあり、大好きなトラックだ。WECでは優勝した経験もある。レースは標高2000mを超える高地で開催されるため、空気密度が薄く、特にフロント面のセットアップを工夫しなくてはならない」とブレンドン・ハートレーはコメント。

「ダウンフォースとグリップ力が低下するため、それと比例してトップスピードは上昇する。高度は、ドライバー、チームクルー、そしてマシンにそれぞれ大きな影響を及ぼす。僕は今年、マウンテンバイクのマラソンレースであるレッドヴィル100にも出場したし、高標高地で多くの時間を過ごしてきたので、高度には問題なく適応できると思う。それでも、コックピット内で酸素の薄さは実感するだろう。さらに、マシンの冷却も重要な課題の一つとなる。チームはこれらの課題をすべて正しく処理しなくてはならないため、今週末はマシンにとってかなりトリッキーなものになる」

「レースの舞台となるエルマノス・ロドリゲス・サーキットの最終セクターには、ファンの声援が響くすばらしい雰囲気の中、タイトなコーナーを駆け抜けていくスタジアムセクションが設置され、ドライバーからも高い人気がある。ファンをとても近くに感じるし、メキシコでは、レースウイーク中、街全体がF1を盛り上げてくれる。過去数戦でさまざまなアップデートを投入しているし、いい走りができるチャンスはあるはずだ」

関連:2018年 F1メキシコGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブレンドン・ハートレー | F1メキシコGP