ブレンドン・ハートレー スクーデリア・トロ・ロッソ メキシコグランプリ
ブレンドン・ハートレーは、今週末のF1カナダグランプリからカーナンバー28をつけたトロ・ロッソのF1マシンを走らせることになった。

ブレンドン・ハートレーは、先週末のF1アメリカグランプリで、日本でスーパーフォーミュラに参戦したピエール・ガスリーの代役として急遽F1デビュー。

F1アメリカグランプリでは、カーナンバー39を装着していたブレンドン・ハートレーだが、このナンバーでトロ・ロッソに割り当てられたテストナンバーのひとつだった。

F1メキシコグランプリにむけてトロ・ロッソはプレスリリースを発表。ブレンドン・ハートレーが固定ナンバーとして28番を選んだことを明らかにした。

ブレンドン・ハートレーは、フォーミュラ・ルノー3.5時代にカーナンバー28を使っている。

カーナンバー28は、過去にフェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズがつけていたF1にとっては歴史的なナンバーとなる。2015年にはウィル・スティーブンス(マノー)が使用していた。

2014年に導入されたF1レギュレーションでは、ドライバーはF1キャリアを通して固定ナンバーを着けることになっており、2~99の中から数字を選ぶことができる。

レッドブルのモータースポーツアドバンザーを務めるヘルムート・マルコは、今シーズンの残りのレースでダニール・クビアトがトロ・ロッソに戻ることはなく、ピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーのコンピでシーズンを終えることになると語っている。

関連:2017 F1メキシコGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブレンドン・ハートレー | トロロッソ