ルーベンス・バリチェロ ブラウンGP
ルーベンス・バリチェロが、F1シンガポールGPへの意気込みとナイトレースの印象を語った。

ルーベンス・バリチェロ (ブラウンGP)
去年のシンガポールでのF1初のナイトレースはとても刺激的だったし、今週戻ることを本当に楽しみにしている。新しい挑戦はいつだって楽しいし、初めて照明の下でレースをすることはそれを提供してくれた。公道やバンプ、バリア、そして都市の有名なランドマークを通るきちんとしたサーキットだと感じたし、本当に楽しかった。

所々とても狭くて、特に明るく輝いている照明に囲まれていると感じることができる。非常に低速なトラックなので、マシンに高いダウンフォースの空力構成が必要だし、コーナーが多くて、ずっと集中力を維持しなければならない。先月は2勝できて素晴らしかったので、この勢いを最後の4レースにも維持できると思う。クルマに戻って、挑戦するのが待ちきれないよ。

開催日程:2009年 F1 シンガポールGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブラウンGP | F1シンガポールGP