バルテリ・ボッタス 「今後は金曜プラクティスをスキップした方がいいかも」 / アルファロメオF1 モナコGP 金曜フリー走行
アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、F1モナコGPのフリー走行で再び信頼性の問題に見舞われ、今後は金曜日のセッションは完全にスキップした方がいいかもしれないと冗談に交じりに嘆いた。

バルテリ・ボッタスは2022年F1第7戦モナコグランプリで表彰台を獲得するという大きな期待を持ってレース週末を迎えた。そのような結果はまだ可能かもしれないが、信頼性トラブルによってフリー走行1回目の出走できず、失われた時間を埋め合わせることを余儀なくされた。

オープニングセッションでラップタイムを設定できず、フリー走行2回目に向けてMGU-Kとギアボックスの交換が必要となった。幸いにもフリー走行2回目は中断はなく、13番手でセッションを終えた。

ここ数戦の金曜日のフリー走行で必ずトラブルに見舞われているバルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールと次戦アゼルバイジャンGPについて冗談を言い合ったことを明らかにした。

「バクーでは金曜日の夜に来た方がいいかもしれないとすでにフレッドには言ってある」とバルテリ・ボッタスは冗談交じりに語った。

「不運だった。MGU-Kというまた完全に異なる問題だった。同じセッションで同じ問題がミック(シューマッハ)にも起こっただけど、FP2には何もなかったと思う。彼らはそれに取り掛かっている確信している。原因は分からない」

「僕たちにできることはあまりない。もうこんなに多くの問題に見舞われている余裕はないと思う。まだ長いシーズンだ。どうなるか見てみよう」

F1ドライバーがFP1でトラックタイムの損失を食い止めることができるレースを選ぶとしたら、モナコはそのリストの一番下にある。このユニークで要求の厳しいサーキットは、カレンダーのどのサーキットよりもドライバーの能力と自信に報いる。したがって、バルテリ・ボッタスにとって、モナコで傍観者として費やされたFP1の重要性は大きくない。

「すべてのラップが必要だし、FP2では慣れるのに時間がかった。でも、各ラップでますます快適になった」とバルテリ・ボッタスは説明した。

「また、ここのトラフィックでは予選前に得られるクリーンラップはそれほど多くない。クリーンなFP3を過ごせることを願っている」

さらに傷口に塩を塗るように、バルテリ・ボッタスは、ピットレーンのスピード違反で1000ユーロの罰金を科された。

「MGU-Kがまだオンだったので、スピード違反で罰金を食らった」とバルテリ・ボッタスは説明しました。

「リミッターをオンにしていたけど、スピードを落とすことができなかった。ちょっと変な感じだたtね!」

バルテリ・ボッタスは、アルファロメオ C42がモナコグランプリで「トップ10の車」になれない理由は見当たらないと付け加えたが、「間違いなく僕サイドからもっと見つける必要がある」と付け加えた。

バルテリ・ボッタス アルファロメオ・レーシング モナコグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1