バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1と長期的に戦える立場にいたい」
バルテリ・ボッタスは、2022年にアルファロメオF1チームを“ベスト・オブ・ザ・レスト”として確立させるためにメルセデスと戦うことに照準を合わせている。

メルセデスF1での5シーズンのすべてでコンストラクターズタイトルを獲得したバルテリ・ボッタスは、ジョージ・ラッセルの加入により、2022年にアルファロメオF1チームに移籍し、新たな挑戦をスタートさせた。

そして、バルテリ・ボッタスはすでにミッドフィールドのトップで成功を収めており、開幕戦バーレーンGPでは予選6番手から6位フィニッシュ。第2戦サウジアラビアGPでは、エンジン温度が上昇したことによってリタイアを余儀なくされたが、それまではポイント圏内でレースを戦っていた、

一方、バルテリ・ボッタスの元所属チームであるメルセデスF1は、新しいレギュレーション時代のこの早い段階では勝利の会話から外れているが、多くの人はトップ争いに戻ってくると期待している。

バルテリ・ボッタスは、コンストラクターズランキングでアルファロメオF1チームを3位にむけてプッシュすることを誓っており、その計画に沿えば、その道はメルセデスF1と交差し続ける可能性がある。

「これが今の目標だと思う。ジェッダはもっと難しくなるかもしれないと思ったけど、バーレーンとほぼ同じ場所にいるようだ」とバルテリ・ボッタスは語った。

「ベスト・オブ・ザ・レストを目指すことは、良いモチベーションであり、良い目標だと思う。最終的にレースで5位を争うことができれることを期待している。それは僕たちにとって大きな一歩になるだろう」

バルテリ・ボッタスがメルセデスを離れてアルファロメオF1チームに加わったとき、2022年の最初のラウンドで彼らがペッキングオーダーで今の位置にいると予想した人はほとんどいなかったと言っても過言ではない。

しかし、それがアルファロメオF1チームとメルセデスの現状であることは確かであり、バルテリ・ボッタスを喜ばせている。

「僕が持っていた情報とともに、最初のシーズンで想像できた最高のシナリオだと思う」とバルテリ・ボッタスは語った。

「自分が下した決定に非常に満足している。また、全般的にもそれを楽しんでいる。車を改善し続けることができれば、将来的には常にQ3とトップ10を目指して戦うことができるはずだ。そうなれば素晴らしいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / アルファロメオF1