F1:バルテリ・ボッタスがウィリアムズ復帰ではなくアルファロメオ移籍を選んだ理由
バルテリ・ボッタスは、2022年にウィリアムズF1に復帰するのではなく、アルファロメオF1に移籍することを決断した理由を説明した。

メルセデスF1との5年間の関係が終了に近づいたとき、将来の可能性な選択肢のひとつは、ウィリアムズF1に復帰することだったとバルテリ・ボッタスは認める。

バルテリ・ボッタスは、2013年にウィリアムズF1でビューを果たし、2017年にメルセデスF1で引退したニコ・ロズベルグの後任として抜擢されるまで所属していた。

Beyond The Gridのポッドキャストで、2022年にメルセデスのF1エンジンを搭載するチームに留まるオプションがあったかと質問されたバルテリ・ボッタスは「そうだね、あった。選択肢はあった」とコメtの。

「僕にとって、現実的にその時点で長期的な選択肢はそれほど多くなかったし、ウィリアムズかアルファロメオのどちらかだったと思う」

バルテリ・ボッタスは、どちらのチームに加入するかを決めるのは簡単な決断ではなかったが、アルファロメオに行くことについて良いフィーリングを持っていたと認める。

「簡単な決断ではなかった」とバルテリ・ボッタスは説明した。

「両側からできるだけ多くの情報を取得すると同時に、自分の直感に耳を傾けようとした。その決定、自分が持っていた情報に基づいただけだ」

「簡単ではなかった。ウィリアムズは今、好転しているように感じている。彼らには良い未来があると思う」

「でも、どういうわけか、アルファが僕にとって正しいことだと感じた」

アルファロメオF1がバルテリ・ボッタスにとって魅力的だったもう1つの理由は、チームがフェラーリのF1エンジンを使用しているという事実だった。バルテリ・ボッタスは、F1キャリアの大部分をメルセデスのF1エンジンでレースをしており、それはF1キャリアに変化をもたらす。

「メルセデスエンジン以外に行くのはちょうど良かった」とバルテリ・ボッタスは言った。

「メルセデスとのリンクはない」

「僕にとってはまったく新しいもので、まったく違うものだ」

バルテリ・ボッタスは複数年契約でアルファロメオF1に加わり、2022年にルーキーの周冠宇とチームを組む。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ウィリアムズ / メルセデス / アルファロメオF1