F1:バルテリ・ボッタス 「ハミルトンと組んで自分自身について多くを学んだ」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンと組んだことで、F1の精神的な側面について多くの教訓を得たと語った。

バルテリ・ボッタスは、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンと5年間チームを組んだ後、今シーズン末でメルセデスF1を離れた。その時間の中で、全体的にはハミルトンが優位に立っていた。

現在、バルテリ・ボッタスは、複数年契約でアルファロメオF1に向かう。チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、この移籍によって10回のレースウィナーであるバルテリ・ボッタスがルイス・ハミルトンの「影」から抜け出し、チームを前進させることができると信じている。

10勝、67回の表彰台を獲得したバルテリ・ボッタスだが、メルセデスF1のドライバーとして失望のレースもあった。特にレースを支配していた2018年のF1ロシアGPでは、ルイス・ハミルトンに勝利を譲るようにチームオーダーが発令され、トト・ヴォルフはボッタスをハミルトンの“ウィングマン”と称した。

そういった困難な瞬間を経験した後、バルテリ・ボッタスは逆境に直面して自分自身に「正直」になることができるようになった感じている。

「間違いなく自分自身について多くを学んだ。このスポーツがいかに精神的であるかを学んだ」とバルテリ・ボッタスはGPFansに語った。

「実際に肉体的なスポーツなのか精神的なスポーツなのかを比較すると、それは頭の問題だと感じている。間違いなく、僕は間違いを受け入れ、間違いから学ぶことを学んだ」

「それが学習の一部であり、自分自身に正直になることを学ぶことができるたのは、1つの大きなことだ」

バルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンが「素晴らしいドライバー」であることを認め、時には彼を打ち負かそうと試みた。意図は良かったものの、すべてのレースでハミルトンを倒すことは不可能であり、それを試みるには逆の効果をもたらす可能性があることも認識したと語った。

「あまりにハードにトライするのはリスクが常にあった」とバルテリ・ボッタスは説明した。

「自分がなりたいと思ったところに到達するには十分な時間がないので、ルイスに立ち向かうのはかなりトリッキーであり、常に彼を倒すことができるとは限らないことを認めるだけだった」

「それは彼の一貫性、才能、そして、仕事のおかげだ。僕は自分にもそれができることも知っている。それが実現しないときは、自分を責めすぎなくなったかもしれません。それはかなり大きなことだ」

「レースに向かう考え方と、レース間で何をすべきかという点で、自分にとって何が果的かを学ぶことができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ルイス・ハミルトン / メルセデス / アルファロメオF1