バルテリ・ボッタス 「ハミルトンは来季も僕をチームメイトに望んでいる」
バルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンから2022年も自分がメルセデスF1でチームメイトであり続けることを望んでいることを直接伝えられたと語る。

メルセデスF1は、2023年までルイス・ハミルトンとの契約を延長したが、まだバルテリ・ボッタスを継続するか、もしくはジョージ・ラッセルと入れ替えるかについて決定を保留にしている。

F1パドックでは、現在、ウィリアムズF1に所属する育成ドライバーのジョージ・ラッセルが、メルセデスF1のシートを引き継ぐことでコンセンサスが取れているが、最近、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、9月まで評価を続けることを示唆している。

「何が起こるかはまだ分からない」とバルテリ・ボッタスはフィンランドのMTVに語った。

「近い将来、ニュースがあるとは思わないけど、そういうことはやがて明らかになるだろう。すべてが正しい方向に進んでいる」

それにもかかわらず、バルテリ・ボッタスは、万が一に備えていくつかのバックアップオプションを確立しようとしている。

バルテリ・ボッタスのマネジメント陣は、アルファロメオ・レーシングと交渉中であると噂されているが、ボッタスが2013年から2016年の間にレースを行ったウィリアムズF1とジョージ・ラッセルとの直接入れ替えることも選択肢の1つとされている。

「誰と話をしているのか、どのようなことが行われているのかは僕にはわからないけど、来シーズンのmたえのベストな選択肢を見つけるために話し合っている」とバルテリ・ボッタスは語った。

言うまでもなく、バルテリ・ボッタスはメルセデスF1に残りたいと考えており、ルイス・ハミルトンもそのようなシナリオを支持すると主張する。

それでも、バルテリ・ボッタスは、2022年のチームメイトの選択についてルイス・ハミルトンに決定権はないことを明らかにした。

「そうだね、ルイスは僕がチームメイトであることを望んでいる直接伝えてきた」とバルテリ・ボッタスは主張する。

「私たちは一緒に非常にうまくやることができる。実際、ドライバーがそれ(メルセデスの選択)に重大な影響を与えることはできない。その背後には最終的にそれらの決定を下すより大きなマシンがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ルイス・ハミルトン / メルセデス