バルテリ・ボッタス 「下位F1チーム移籍は異なる精神的アプローチが必要」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1が自分を継続するかどうかに関係なく、さらに数年間はF1に留まりたいと考えているが、ラリードライバーになることも視野に入れていると語る。

今シーズン末でメルセデスF1の契約が終了するバルテリ・ボッタスの将来は非常に不確実であり、メルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルに代えられる可能性がますます高まっている。

実際、メルセデスF1を追われることになった場合、2022年のF1グリッドの他のポジションは限られている。ラリーへの転向を除外しないバルテリ・ボッタスだが、F1に留まることを最優先としている。

F1にシートがない場合、ラリー転向を検討するかと質問されたバルテリ・ボッタスは「そのように考えるのは好きではない。いつも前向きに考えようとしている」とバルテリ・ボッタスは語った。

「自分が何を望んでいるかは分かっているし、チームにとどまりたいと思っている。来年はレースに勝ってタイトル争いをする最高のチャンスだと思っている」

「F1が大好きなので、何らかの理由でそうならばい場合は、F1以外のオプションを検討しる。楽しんでいるが、まだ数年間は良いシーズンを過ごせると思っている」

「そのあと? 絶対というものはない。ラリーは・・・本当に楽しいし、良い楽しみだ。ラリーカーに乗っているときはいつも笑顔でいれられる。でも、実際にそれから仕事をするということになると、かなりトリッキーかもしれない」

「そこにいる人たちはかなり競争力があるし、彼らは人生をかけてそれをやっている。何が起こるか分からないけど、さっきも言ったように、僕はF1に完全に焦点を合わせている。まずは今週末だ」

バルテリ・ボッタスに開かれる可能性のあるF1シートは、ウィリアムズやアルファロメオなどのグリッドの下位チームだ。

そういったチームのために運転することはアプローチをかなり変えることを要求するだろうとバルテリ・ボッタスは認める。

「実際すべては架空の考え方だけど、そのように考えれば、正直に言うと、別の種類の考え方になるだろう」とバルテリ・ボッタスは付け加えた。

「キャリアの中で完全に異なる章になるだろうし、精神的なアプローチは違ってくると思う。おそらく、勝利やタイトルを争うことはないので、新しいプロジェクトになるだろう」

「一方で、それはとても興味深いかもしれない。でも、さっきも言ったように、僕の意図がどのようなものかは分かっていると思う。自分のシートを維持することだ。僕たちはメルセデスで本当に強力なチームを作っている。どうなるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス