【動画】 バルテリ・ボッタス、メルセデスF1 W12でシート合わせ
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスが、メルセデスF1のファクトリーを訪れ、2021年F1マシン『W12』のシート合わせを完了させた。

今年、メルセデスF1で5シーズン目を迎えるバルテリ・ボッタス。毎年、1年契約のみでシーズンを戦ってきたボッタスだが、2021年はこれまでのシーズン以上に崖っぷちに立たされている。

昨年のF1サヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンに代わって育成ドライバーでウィリアムズF1のドライバーを務めるジョージ・ラッセルが代役としてメルセデスF1から出場。

バルテリ・ボッタスは予選では僅差で上回ったものの、レースではジョージ・ラッセルがスタートからリードし、トラブルが発生して最終リザルトでは上位だったが、内容ではボッタスの完敗だった。

チームメイトで7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンも2021年の1年契約しか延長していない。これまでハミルトンの“ウィングマン”としてメルセデスのコンストラクターズ選手権をサポートしてきたバルテリ・ボッタスだが、ハミルトンがチームを離れた場合、ボッタスのシートも危うい。

メルセデスF1は、バルテリ・ボッタスがブラックリーのファクトリーを訪れて、新車『W12』でシート合わせをしている動画を公開。チームは3月2日(火)に『W12』をオンラインでお披露目する。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス