バルテリ・ボッタス 「今季のF1ドライバーズタイトル獲得には奇跡が必要」
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、2020年にドライバーズタイトルを獲得するには“奇跡”が必要だと認める。

ニュルブルクリンクで開催されたF1アイフェルGPでは、ポールポジションからスタートしたバルテリ・ボッタスだったが、エンジントラブルが発生してリタイアという最悪な結果でドイツを去った。

現在、ドライバーズランキングをリードするチームメイトのルイス・ハミルトンは、F1アイフェルGPを制して7勝目を挙げ、ミハエル・シューマッハの記録に並ぶ通算91勝に到達。6戦を残してランキング2位のバルテリ・ボッタスとの差を69ポイントに広げた。

バルテリ・ボッタスは、F1アイフェルGPのエンジントラブルについて「信じられなかった」とコメント。

「でも、いつものように頑張り続けるだけだ。諦めても意味はないからね。ずっとルイスとのポイント差を計算しているのは良い考えだとは思わない。もうかなりの差が開いてしまっているしね」

「奇跡が必要なのは間違いない」

メルセデスF1のチームの代表を務めるトト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスについて「立ち直るのが早い者がいるとすれば、それは彼だ」とコメント。

「我々は良い話し合いができたし、トラブルのことは申し訳なかったと伝えた」

今年のタイトルをほぼ手中に収めているルイス・ハミルトンだが、今後もバルテリ・ボッタスは果敢に攻めてくると考えている。

F1アイフェルGPのスタート直後のバルテリ・ボッタスとの激しい攻防を引き合いに出し、ルイス・ハミルトンは「あのコーナーを立ち上がりながら『よくやった。すごい』と思ったのを覚えている」

トト・ヴォルフも、今後ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの関係がこじれるようなことはないはずだと語る。

「彼らはお互いにリスペクトしあっているし、限界も分かっている。そのことは心配していない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス