バルテリ・ボッタス、メルセデスF1との交渉は「正しい方向に進んでいる」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1との契約の2021年シーズンまでの延長についての交渉は「正しい方向に進んでいる」と語る。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1との5シーズン目の契約について原則的に合意されたと報じられており、チームメイトで現役ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンも現在の契約を延長することになると予想されている。

F1ハンガリーGPの週末、ウィリアムズF1は2021年も現在のジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィのラインナップを継続することを発表。

ジョージ・ラッセルは、2021年のメルセデスF1への移籍の可能性が報じられていたが、ウィリアムズF1との3年契約に縛られており、副チーム代表のクレア・ウィリアムズは契約期間を全うすると断言している。

メルセデスF1との状況についての最新情報を求められたバルテリ・ボッタスは「それについて話し合いを始めたと言ってもいいと思う」とコメント。

「この3連戦は実際に時間はあっという間に過ぎていく。僕たち全員にとって非常に厳しいスケジュールだ」

「もちろん、まだ何もサインはしていないけど、状況は正しい方向に進んでいる」

「先週末も言ったように、重要なことはチャンピオンシップに焦点を合わせ続けることであり、今年達成しなければならない大切なことがある。集中し続けているし、そうすれば、最終的に物事は進んでいくと確信している」

「もちろん、ドライバー側としては長引くのは良いことではないけど、まだ2レースしかしていないし、問題はない。大きなパニックもないし、焦ってもいない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス