バルテリ・ボッタス 「予選でやっとパフォーマンスを解放できた」 / メルセデスF1 オーストリアGP予選
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1オーストリアGPの予選でチームメイトのルイス・ハミルトンを0.012秒の僅差で抑えて、2020年のF1世界選手権の最初のレースにむけてポールポジションを獲得した。

3回のプラクティスですべてルイス・ハミルトンに0.1秒差をつけられていたバルテリ・ボッタスだが、予選Q2で初めてタイムシートのトップに立つと、Q3の1回目のアタックで暫定ポールポジションに躍り出る。

2回目のアタックでグラベルへとコースオフしたバルテリ・ボッタスだが、1回目のタイムを上回るドライバーは現れずにポールポジションを獲得。コースオフした際に後ろを走行していたルイス・ハミルトンは、それが自分のタイムに影響を与えることはなかったことを後に確認している。また、メルセデスF1の両ドライバーは3番手のレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンに0.5秒以上の差をつけている。

「アドレナリンが湧き出て、このようなマシンを限界までプッシュすることから得られる感覚を完全に逃した」とセッション後にバルテリ・ボッタスは語った。

「予選でようやく自分とマシンからパフォーマンスを解き放つことができた」

「何度かうまくいった特定のコーナーがあったけど、大部分は少し遅れていた。だから、予選を通して自信を築いていって、失っているエリアを見つけて、なんとか良いラップを刻んで、すべてをまとめることができた」

「もう少しタイムは残っていたと思う」とバルテリ・ボッタスは付け加える。

「ターン4でグラブルに少し膨らんでしまってコースアウトするまで、2回目のアタックはわずかに上回っていたと思う。あれは僕のミスだ。あまり完璧とは言えなかったけど、ルイスにかなり近かった…他のチームとのギャップには驚きいた。とにかくこのチームの驚くべき強さを示しているし、本当に印象的だ」

予選のデータによると、ルイス・ハミルトンに対するバルテリ・ボッタスのアドバンテージはターン7~8シケインを通過した複合体でわずかに速くで走っている。

通算12回目のポールポジションを手にしたバルテリ・ボッタスだが、まだ3番手にいるライバルのレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンを警戒していると語る。

「レースとロングランは常に別の話だ。レッドブルは優れたレースカーを持っているし、レースは非常に多くの異なることに依存していることを何度も見てきた」とバルテリ・ボッタスは語る。

「僕たちにとって楽なレースができるだろうというメンタリティはない。僕たちは2人だけではなく、他のチームからの脅威に備えている。そして、僕たちはそれを期待している」

関連:F1オーストリアGP 予選 結果:バルテリ・ボッタスがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1オーストリアGP