F1 バルテリ・ボッタス 「クラッシュの代償を払うことになった」
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、FP1でクラッシュを喫し、FP2ではチームメイトのルイス・ハミルトンのペースからかなり遅れをとった。

バルテリ・ボッタスは、フリー走行1回目のターン19でリアのコントロールを失ってバリアに衝突。F1シンガポールGPを最高のスタートを切ることができなかった。

「トリッキーだったし、FP1でコースオフして、少し早くに走行を終えることになった。でも、それまでは本当に好調だった」とバルテリ・ボッタスは語る。

「コーナーの1つでバックエンドのコントロールを失った。ここはランオフがないので、代償を払うことになった。でも、それは起こり得ることだと思う」

メルセデスのメカニックは、2回目のセッションでバルテリ・ボッタスをコースに送り出すためにマシンを修理したが、トップタイムを記録したルイス・ハミルトンとは1.121秒の差がついた。

「FP2で実際に何が起こっていたのかはあまりわからないけど、すべてのシングルラン、すべてのタイヤコンパウンドでペースが足りなかったの。マシンのすべてが適切だったのかどうかはわからない」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「調べている必要がある。あれ以上速く走れないように感じたけど、ペースは1秒遅れていた。ちょっとトリッキーだね」

「実際に感じることができた唯一のことは、マシンを適切に感じられなかったし、ステアリングシステムのかなりの抵抗があったことだ」

「すべてをしっかり見てみるつもりだけど、すべてが100パーセントだったとは思わない。自分としてももっと良くできることを見てみる必要がある」

「常にプッシュする必要があるし、Q3で最大のプッシュをする必要があることは確かだ。プラクティスではダメージを最小限に抑えなければならない」

「3チーム間で接戦になると思うが、今日はルイスが好調だったのは間違いない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1シンガポールGP